フランダースの猫-永い眠りから覚めた。。。春-

フランダースの猫

フランダース地方に住む飼い猫、Pero。…実は移民猫なのであります。Peroにとって沢山のおいしそうなお友達に囲まれて ここでの生活はもちろん、趣味の事など書かせていただきます。        

 
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト
スポンサー広告│posted at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOMEガーデン永い眠りから覚めた。。。春
◆2010.04.18(日)◆
ガーデン│posted at 20:37:52
スレッド:ガーデニング  ジャンル:趣味・実用
今すんでいる私の家、友達のおばさんの家です。
近所の方から聞くに、とてもナイスカップルだったそうです。
だんな様が先にたたれ、仕事に専念しその後、友達のお母様と一緒に住んでいたのですが、急に倒れ、病院生活をされていたそうです。

今この家に住み1ヶ月半たち、彼女が以前使用していた家具の引き出しの整理をしていると、写真や手紙がたくさん出てきます。そして、小さなものでも大切に保管したあり、写真はもちろん、文字からも暖かい雰囲気が出てて、なんて素敵な場所に入れるんだろう。。。
そして、たくさんの鳥、ウサギやリスが遊びに来て、この土地から出てくるエネルギーの暖かさを感じます。
私は住む上で、ご夫婦らの歴史をきちんと重んじ、大切に残してきたものをきちんと守らなくちゃ・・・なんて勝手ながら責任を感じ、日々精進しています。

2年以上空け、
来た当初の庭の一部

家主がいなかったこの家。
私が来た当初は部屋はほこり、庭は荒れていました。
長く伸びたアイビを切り、その下には
うぅ??
ヒヤシンスと
わぁ、お日様だ
水仙が。。。
家主を忘れずに春の訪れを待っていたのでしょうね。
やっと、日のあたる場所へ顔を出し、そのときを待っていたのでしょうね。

それから約1ヵ月後・・・
咲いたよ

そして、枯れかけていた花が
ヒヤシンス
やっと元気になり、
水仙
花が
pIMGP0872.jpg
咲きました。

枯葉を少し取り除いたら、
スミレ
スミレも顔を出しました。

スミレを見つけた瞬間、日本の実家の近所にも同じスミレが咲いていたので、すごくうれしいでした。
今まで住んでいた環境には、日本で見慣れた植物がなく、ここには咲いています。
・・・少し日本が恋しくなりました。

動物と同様、植物も生きています。
命の強さを感じます。

新緑のあふれる季節。 
庭はもちろん、近所を歩くのが楽しみです。

ブログランキングに参加しております。
応援よろしく~~~ぅ
       と    
読んだら押してね。

各1回ずつクィックし、応援の方よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントを書く

* コメントを編集・削除する場合には、暗証番号の入力が必要です。
* 「秘密」にチェックを入れると管理者のみその内容を読めますが、編集・削除はできません。
* 質問にはURLを記入お願いします(なるべく症状の分かるもの)。
:
:
:
:
:
:  削除や編集のときに必要です。
:  管理者にだけが読むことができるようにします。

コメント♪

こんにちは。
miamiyaさんに手入れをしてもらったおかげで花たちも
咲くことができたのですね。
以前の家主さんも花たちも、喜んでいるのではないでしょうか?
miamiyaさんも素敵な家で、素敵な歴史を作っていってくださいね。
ケロ太#-│URL│posted at 2010-04-19(Mon)09:58│編集

素敵な庭だなぁ…。
何だか、バーネットの「秘密の花園」みたい。
あれ、庭と植物と動物とゆがんでいない人間の力で、傷ついた子どもの心がよみがえっていったけど、この庭にもそんな力がありそうな気がする。
なんとなく感じるだけ、なんですけどね。
「秘密の花園」みたいな庭を実際に見てみたいっていうのが願いのひとつだったけど、叶っちゃいましたね。
どうもありがとう!
(叶うとは正直思ってなかった。)
白薄荷糖#-│URL│posted at 2010-04-19(Mon)11:27│編集

こんばんは
miamiyaさん歴史ある素敵なお家にお住まいですね
お家の歴史、住んでた人の歴史を大切にしてこれからmiamiyaさんの歴史をぜひ作っていってくださいね
私も花が大好きなので植物の命の強さよく感じます
特に実家の近くの道端の彼岸花
誰も世話などしないのにお彼岸の時期になると必ず咲いてくれます
彼岸花だけでなく花たちは自然に季節を感じ取り咲いてくれます
また素敵なお庭の写真見せてくださいね




う~ちゃん#-│URL│posted at 2010-04-19(Mon)15:51│編集

こんばんは~^-^
アイビーの下で春をまっていた小さな花達は
おばさんの変わりにこうしてちゃんと自分たちを捜してくれる人を
きっと ずっと待っていたのかもしれませんね。。
こうして陽をあびて自由に背伸びすることができて どんなに嬉しいだろう。。^^
おばさんのいろんな想いがつまったお家やお庭。。
少しずつ少しずつ素敵なお庭に戻っていくことでしょう。。

小さなお花は何も言葉にして話してはくれないけれど
見ているだけで、何かを教えてくれる。。
ただ生きようとするその姿に大きなパワーを貰いますよね^^
aya#EvmDRqhQ│URL│posted at 2010-04-20(Tue)13:24│編集

●つたが素敵ですね

こんばんは
miamiyaさんのおかげでお花たちが息を吹き返すことができましたね
この写真を見るだけでも以前とくらべこの地がいかに素晴しい所かがわかります
お花も日本で見慣れたものばかりでほっとしますね
こんな野生のスミレはうちのまわりでもよく見かけます
miamiyaさんの丹精でどうぞこのおうちを少しづつ以前のように生き返らせてあげてくださいね
えっちゃん#-│URL│posted at 2010-04-21(Wed)14:40│編集

この花は、ここに以前から植えられていたのですか?
だとすれば、この花たちに招き寄せられたとも言えるかもしれませんね。
日本が恋しくなるのも、無理ありません。がんば♪
mikomai#-│URL│posted at 2010-04-22(Thu)12:32│編集

●ケロ太さん コメントありがとうございます。

ケロ太さんへ

返事が遅くなってごめんなさい。

正直、最初庭を見たときに、”私、きちんと手入れできるかな?”と、不安はありましたが、無事花が咲きほっとしています。
が、その隣にわけのわからない草や、花かな?と思うような芽があるので、下手に草むしりができない状態です。
あぁ、せっかくたくさん球根を買ったのになぁ。。。
どぉしよう。。。

> 以前の家主さんも花たちも、喜んでいるのではないでしょうか?
そう思ってくれると、ほっとします。
やはり、天国からこの庭をお二人には見てほしいです。

素人ながらがんばります。p(^^)q
miamiya#q8Z0istI│URL│posted at 2010-04-24(Sat)20:59│編集

●白薄荷糖さん コメントありがとうございます。

白薄荷糖さんへ

返事が遅くなってごめんなさい。

> 何だか、バーネットの「秘密の花園」みたい。
わぁ、そう見えましたか?
うれしいです。

この場所って、本当にいろいろな鳥が来て、バードウォッチングに最適かも。(^m^)
それにね、庭弄りをしていると、すごくかわいい小鳥が私の近くまで遊びにきたりするんですよ。
朝、近所に生みたての卵を売っている場所があって、買い物に行こうとした矢先、グレーラビットの絵本に出てくるようなウサギが遊びに来てましたよ。

> あれ、庭と植物と動物とゆがんでいない人間の力で、傷ついた子どもの心がよみがえっていったけど、この庭にもそんな力がありそうな気がする。
> なんとなく感じるだけ、なんですけどね。
最近、ブログ更新やコメント返しができなかったのは、本当にいろいろな方が遊びに来たりして大忙しでした。

ここ一ヶ月、いろいろな人種と接するたびに考えさせられたりします。
そして今先ほどお客様が来てて、くつろいで帰っていきました。

> 「秘密の花園」みたいな庭を実際に見てみたいっていうのが願いのひとつだったけど、叶っちゃいましたね。
> どうもありがとう!
> (叶うとは正直思ってなかった。)
がんばって、「秘密の花園」に近づくような庭造りと家の雰囲気作りを作らなきゃ
この写真はほんの一部です、ちょっとづつ庭を紹介しますね。
・・・野菜を植えてもいい許可をいただいたので、畑にならないよう気をつけなければ(苦笑)
miamiya#q8Z0istI│URL│posted at 2010-04-24(Sat)21:14│編集

●う~ちゃんさん コメントありがとうございます。

う~ちゃんさんへ

返事が遅くなってごめんなさい。

> miamiyaさん歴史ある素敵なお家にお住まいですね
本当に、素敵な場所で、正直何度も夢じゃないかな?と思うことがあります。
・・・今までの場所がひどすぎたからかな(苦笑)

> 彼岸花だけでなく花たちは自然に季節を感じ取り咲いてくれます
本当、彼岸花はお彼岸の時期に必ずと言っていいほど、私たちに美しく力強いく花を咲かして知らせてくれますよね。私も、日本にいるときは、川沿いに咲いてある彼岸花をよく見たな。。。と懐かしく思います。
小さな植物、路上に咲いている小さな植物も、一生懸命存在感をアピールし、逞しく、そして子孫を残すため、根を張って生きていますよね。

> また素敵なお庭の写真見せてくださいね
がんばって、庭を緑にしなきゃ!!
またUPしますね。
miamiya#q8Z0istI│URL│posted at 2010-04-24(Sat)21:31│編集

●ayaさん コメントありがとうございます。

ayaさんへ

返事が遅くなってごめんなさい。

> アイビーの下で春をまっていた小さな花達は
> おばさんの変わりにこうしてちゃんと自分たちを捜してくれる人を
> きっと ずっと待っていたのかもしれませんね。。
アイビーを切ったとき、下から植物が見えたときびっくりしました。
その植物を見たとき、遅くなってごめんね、でもきちんと暗闇の中育ってくれてありがとうと、感謝の気持ちでいっぱいでした。

> おばさんのいろんな想いがつまったお家やお庭。。
> 少しずつ少しずつ素敵なお庭に戻っていくことでしょう。。
正直、結構庭の管理は大変で、ほとんど毎日と言っていいほど掃除や水まきをしています。
植物も生きているので、休ませてくれないし。。。
プロじゃないので、素人だけど話しかけながら手入れしているので、周りは怪しいJapaneseがきたと思われていると思います。
日本の企業もさることながら、中華がやたらに多いからなぁ…中国人と思われているかも(苦笑)

植物の癒しパワーと力強い力をもらって今日もがんばるぞぉ~~~っ
miamiya#q8Z0istI│URL│posted at 2010-04-24(Sat)21:43│編集

●えっちゃんさん コメントありがとうございます。

えっちゃんさんへ

返事が遅くなってごめんなさい。

無事、ヒヤシンスを始め、花壇の花が咲きホッとしました。
以前の生活と今の生活は確かに正反対なのですが、ちょっと・・・色々すったもんだが出てきました。それはまた後ほど。

> こんな野生のスミレはうちのまわりでもよく見かけます
あの国では、スミレの花の種が売っていたのですが、ここで普通に庭に咲いているのにびっくりしました。
私の実家近所の野山でも野生のスミレが咲いていて、幼いころの記憶がよみがえり、懐かしさと、時の流れを感じました。
miamiya#q8Z0istI│URL│posted at 2010-04-24(Sat)22:00│編集

●mikomaiさん コメントありがとうございます

mikomaiさんへ

> この花は、ここに以前から植えられていたのですか?
そうです、以前から咲いていた事を彼の友達から聞きました。

> だとすれば、この花たちに招き寄せられたとも言えるかもしれませんね。
> 日本が恋しくなるのも、無理ありません。がんば♪
今までは、日本が恋しいとは多少はあったものの、こうして日本に住んでいたとき普通に見ていた植物を見るだけで、懐かしさを感じるとは思いませんでした。
やっぱり、故郷はいいですよね。。。
miamiya#q8Z0istI│URL│posted at 2010-04-24(Sat)22:08│編集

トラックバックURL・リンクURL

* TB用のURLとテキストリンク用のタグです。必要に応じてお使いください。
* ブログの環境設定によりTBは一旦承認してからの表示になります。
* 関連性が低いものなどは、管理人の判断で公開を控える場合があります。

トラックバックURL

リンクタグ

トラックバック♪

プロフィール

miamiya

Author:miamiya
2010年3月、フランダース地方に猫とその仲間たちと一緒に南国から引っ越してきました。
ついたばかりで気候になれませんが・・・リスやキツツキ、野鳥に囲まれながらひっそり生活しております。

みんなでつぶやきましょ

openclose

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

Comments ありがとうございます。

openclose

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

健康BMI

くろックCute BC01

あたちも入れてもらったわよ

雇ってほしかったら 高くつくわよぉ!! えつこよ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

翻訳Leggero

Google自動翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

訪問者もいろいろ♪

free counters

 copyright © 2005-2006 フランダースの猫 All Rights Reserved.
 Template Desain by bluenight.  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。