フランダースの猫-フェリーについていない奴。。。1度あることは2度も起こる??-

フランダースの猫

フランダース地方に住む飼い猫、Pero。…実は移民猫なのであります。Peroにとって沢山のおいしそうなお友達に囲まれて ここでの生活はもちろん、趣味の事など書かせていただきます。        

 
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト
スポンサー広告│posted at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME引越し・前の生活との比較フェリーについていない奴。。。1度あることは2度も起こる??
◆2010.11.20(土)◆
スレッド:イタリア  ジャンル:海外情報
以前記事(いっ、いやずぅ~~~っと前)少し触れましたが・・・
引越しという大移動の際、人間と我が家の可愛い子供たちの移動の際は、車移動をしました。
その際に利用したのが、フェリーです。
今までヨーロッパ圏内の長距離フェリーに今回をあわせて2回乗りましたが・・・本当についていない。
何度か命を落とすのでは・・・と言う恐怖を味わってきましたが、その中のひとつを記しておこうと思います。
・・・多分、ギャグに受け取られるかと思いますが、事実です。
こんな体験もう3度も起こしたくないわい!!

我が家のノアの箱舟を購入したときの話。。。
チケット購入時間が3分遅れただけで購入ができなく、しぶしぶ翌日乗る羽目になったフェリー。
ここ○○リア...そう、泥棒大国!!
・・・その時、泥棒にもあったので、まったくイタリアの良い思いではありません。どちらかといったら苦手な国。
その時、その数分後同じ目にあった初のキャンパー旅行をするドイツ人親子とお友達になり、お隣寄り添って一夜過ごしました。
話を聞くに、彼らもその友達も○○リアで泥棒にあっており、自宅からここまでノーストップでここまで来たそうな・・・話が意気投合♪
深夜まで、盛り上がりました。

で、朝チケットを購入し、バイクに乗った兄ちゃんが
:フェリー乗り場を教えてあげる
と、まぁ親切に数メートルのところを案内したてくれたのはいいけど・・・案内が終わった後。
:案内料金5ユーロ
と、ばかげたことを言い出した。
むかつくぅ~~~~~~~~~~~~~っ。
1ユーロしか払わなかったけど。

私たちが乗るフェリー、かなり古かったのよね。
でも、文句は言えない。。。
もう、早くおうちに帰りたい、クレイジー大国だけどその当時はまだ治安がよかったので早く帰りたいという気持ちが強かったわぁ。。。
まぁ、みんなで記念写真を撮ったり、楽しんでいたわけさぁ。。。
で、1箇所の停泊地に数分とまり、出発し予定では後1~2時間でつくとウホウホしていたら・・・陸の近くでエンジンが止まりました。
しかも!座礁しかけて観客は大パニック!!
カウンターで質問しようと思ったら・・・いっせいに、関係者は居なくなり、客は大パニック。
ギャーギャーわめき声と、客室案内のカウンターには人はいないし、説明のアナウンスもない。

そう、気分は
ペンタニック
・・・こんなに余裕はなかったけど4~5時間、その近辺を波間かせでさまよい、何とかエンジンがかかり、やっとのおもいで予定地につきました。
一斉に、車でみんな我先にとフェリーから降りました。
もう、戦場みたいで本当命からがらのフェリー移動でした。

最後のアナウンス:(言い訳たらたら・・・)快適な海の旅をまた当社のフェリーで・・・
周りの人々:誰が、お前の会社を使うかい!!

まぁ・・・映画のような本当の話が、こんなことがあったわけよ。
また同じ事が起こるなんて思ってもいなかったわ。。。

ブログランキングに参加しています。
Please, click here to support ;)
ぽちっとお願いね。←Please one quick :)
       と    
読んだら押してね。←one more;)

各1回ずつ応援クィックしていただくと今後の励みとなります。
応援の方よろしくお願いします。

さぁ、ぽめっこ押してくれたかしら??
続きをどうぞ 今回は、事前に念に念を入れて船会社を調べ、ぎりぎり5分前に無事チケットが購入でき、しかも今回乗るフェリーはおNew~~~~
前回のような恐ろしい船の旅をしないですむわぁ。。。

今回、フェリー移動の際に、移民問題で、徹底的にキャンパーの中のチェックをされました。
・・・その際の内容はまたいつか書くことにして。
無事、クリアーをして・・・船員さんの案内で車を隙間ぎりぎりに止めて、すごいぎりぎりまで車どおしくっつけます。
陽気に、船員と記念写真を撮り、
寒かったけど、外に出て海に向かって
あばよぉ~~~~っ
:あばよ、クレイジー大国!!
柳沢慎吾セレクション あばよ!!と、柳沢慎吾
のように、ジャケットの如く
叫んだわけさ。

すっきりして、Peroはペット専用のお部屋に連れて行き、船内を探検していました。

翌日は、船内のレストランで朝食を取り、
本当によくあの国から出れたね・・・
と、楽しい思い出や嫌な思い出いろいろあったけど、二人で話していました。

修学旅行なのか?子供たちが走り回る中、デッキでぼけ~~~っとしていたら・・・
海のど真ん中で、エンジン音が止まる音が。。。

・・・これってやばくねぇ??


煙突を見ると煙が出ていない・・・こっ、これって。。。
エンジンがとまっちゃったぁ~~~~~~~~~っ
あのときの悪夢を思い出しました。

子供たちはパニック。
カウンターで何があったかと思ったら、また人が居ない。
海の真ん中だからまだ座礁する心配は無いけど、もうどうなるの私たち?!
もう、必死の思いをしてあの国から出て、私はこんなところで死にたくない!!
あんな人たちに私の命をあげたくない!

Peroをとりあえずつれてきて、キャンパーの中で待機しました。
それから2時間後・・・やっとエンジンがかかり、3~4時間遅れで目的地に到着しました。
やれやれ・・・。

私の教訓:もう、3度とフェリーは乗るもんか!!
スポンサーサイト

コメントを書く

* コメントを編集・削除する場合には、暗証番号の入力が必要です。
* 「秘密」にチェックを入れると管理者のみその内容を読めますが、編集・削除はできません。
* 質問にはURLを記入お願いします(なるべく症状の分かるもの)。
:
:
:
:
:
:  削除や編集のときに必要です。
:  管理者にだけが読むことができるようにします。

コメント♪

●No title

わぁ、コワ~イ!
2時間とか、長過ぎる~!
トラウマになっちゃいますね。
32clover#-│URL│posted at 2010-11-21(Sun)13:27│編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#││posted at 2010-11-21(Sun)15:45│編集

●それは・・・

うちの義理の父は、閉所恐怖症気味で飛行機も電車も嫌い。 で、義理の弟の住んでいるイギリスに行くときもフェリーを乗るんですよ。

こんなこと話したら、フェリーにも乗らなくなりそうです・・・涙

でも、恐ろしいですね・・・それ。
わいん#-│URL│posted at 2010-11-21(Sun)16:45│編集

●32cloverさん コメントありがとうございます。

32cloverさんへ

日本では今回のようなことは起こったことがないんだけど。。。普通にフェリーに乗れた~~~と言うためしがないわぁ。。。

> 2時間とか、長過ぎる~!
最初の時は、6時間漂流しました。
バカンスシーズンで、人がすごくて、わめき声ばかり。。。
ちょっとわけがあるのよね。。。

> トラウマになっちゃいますね。
うん、近場ならまだいいんだけど長距離は・・・。
ヨーロッパ圏内でなるべくフェリーには乗らないようにするわぁ。。。
miamiya#-│URL│posted at 2010-11-23(Tue)16:00│編集

●10/11/21鍵コメさん コメントありがとうございます。

10/11/21鍵コメさんへ

遅くなってごめんね、届きましたよ。

その前に・・・数件メールしました。
了解しました。

今日買出ししていると思います。
私の手元に届いたらメールするね。

miamiya#-│URL│posted at 2010-11-23(Tue)16:03│編集

●わいんさん コメントありがとうございます。

わいんさんへ

きゃ~~~、久しぶり!!
一時ブログがストップしていたので、心配していました。
が、無事再開され、そして・・・うれしいお知らせ!
どうもありがとう!!

> うちの義理の父は、閉所恐怖症気味で飛行機も電車も嫌い。 で、義理の弟の住んでいるイギリスに行くときもフェリーを乗るんですよ。

ヒェ~~~!!
それは大変だね。。。
できることなら・・・私は飛行機で移動したかったです。。。
結構、長距離の移動は、キャンパーとはいえ、いつも気が張ってないといけないし、初めてキャンパーで横断した教訓”車を出れば、みな泥棒”って、周りを見ているので、つっ、数日かかる移動はつらいでした。。。

> こんなこと話したら、フェリーにも乗らなくなりそうです・・・涙
うん、話さないほうがいいと思う。。。

> でも、恐ろしいですね・・・それ。
本当、泳ぐわけにもいかないし、貴重な荷物もあるし・・・。
前ね・・・似たような事件があって、救済ボートに船長をはじめ社員だけ逃げ出し、客はほったらかしにした大問題があったのね。(証拠物件、観光客が逃げるシーンを撮っていた)
それで、知っている人はギャーギャーいっていたのよ。

とんでもないでしょ??
miamiya#-│URL│posted at 2010-11-23(Tue)16:12│編集

トラックバックURL・リンクURL

* TB用のURLとテキストリンク用のタグです。必要に応じてお使いください。
* ブログの環境設定によりTBは一旦承認してからの表示になります。
* 関連性が低いものなどは、管理人の判断で公開を控える場合があります。

トラックバックURL

リンクタグ

トラックバック♪

プロフィール

miamiya

Author:miamiya
2010年3月、フランダース地方に猫とその仲間たちと一緒に南国から引っ越してきました。
ついたばかりで気候になれませんが・・・リスやキツツキ、野鳥に囲まれながらひっそり生活しております。

みんなでつぶやきましょ

openclose

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

Comments ありがとうございます。

openclose

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

健康BMI

くろックCute BC01

あたちも入れてもらったわよ

雇ってほしかったら 高くつくわよぉ!! えつこよ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

翻訳Leggero

Google自動翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

訪問者もいろいろ♪

free counters

 copyright © 2005-2006 フランダースの猫 All Rights Reserved.
 Template Desain by bluenight.  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。