フランダースの猫-多分、一生忘れられない日。。。-

フランダースの猫

フランダース地方に住む飼い猫、Pero。…実は移民猫なのであります。Peroにとって沢山のおいしそうなお友達に囲まれて ここでの生活はもちろん、趣味の事など書かせていただきます。        

 
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト
スポンサー広告│posted at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME引越し・前の生活との比較多分、一生忘れられない日。。。
◆2011.03.01(火)◆
スレッド:海外生活  ジャンル:日記
カレンダーをめくると、今日から3月。。。
3月1日、そう1年前のこの日、仕事用の機材、PC・・・など、つめるだけつめて、しまちゃんたち、ちゅんたち、そしてPeroを乗せてグレイジー大国を
バイバイ
さよならした日。

いろいろあったな。。。

今思えば、よくあんなところに住めたな。。。
と、今は過去の話になりましたが、あの時の私は、頭がおかしくならないように・・・出ると決まった数ヶ月間とにかくこの国から出ることしか考えていませんでした。

私が住みだした当初、本当に環境もよく、人間は?ですが、自然も豊かで本当に住み心地がよい国でした。
が!!、海底油田が取れることを知ると、海外投資が増え、汚職もさらにひどくなり、だんだん人も豊かになり、数年後・・・私が住みだした時と比較したらかなり変わりました。

そろそろ引っ越そうか・・・
と、二人で話しをしていたころある出来事が始まる1~2年前ごろから言っていました。
けど、なんだかんだ言いながらも自然が好きだったからあそこに住み続けていたのでしょうね。

ある出来事・・・そう、リーマンショック後ですね。拍車をかけて変わったのは。。。
リーマンショック
私の近所に住んでいた、某銀行のかなぁ~~~り上の方が、ここを去りました。
それからです、周りの親しかった外国人が一斉にこの国を去り、その後あの暴動。。。

もうそこに住むことに、私たちに限界が来ていました。
置いてけぼりされた私の気のあせり、早くこの国を出たいのに、天候が目茶目茶なのと、何かのサポートがあり、出発予定を立てても毎回流れだんだんあきらめと、一生ここにいなければならないの?という不安。そして、体があちらこちらで激痛がはしり、私の知り合いは、痛さのあまり毎日注射を打っていました。
その姿を見て、私もやがてこうなるのだろうか・・・と、怖くもなりました。
日々この国の状況が変わり失業者が増える中、メイン通りは勿論あちらこちらのショップは、店のシャッターが下り、ゴーストタウンになっているところも少なくなく、毎日のようにあちらこちらで暴動やストライキがありまるで戦場にいるような感じです。
ゴミ回収を2ヶ月以上(しかも真夏)しなかったのにはかなり参ったけど。。。
広い荒地のPero

周りの人間も変わりました。・・・住んでいてわからない人もいましたが。
人間がおかしいのはもともとなのですが、以前に比べ金が無い状況がパワーUPして毎日、あちらこちらでわめき声や、何か小さいことに対しいちゃもんつけて喧嘩したり、ドライブしてても、急な割り込みや、わざとぶつけるような行動、イカレタカーレースを煽ったり、路上を歩くのも怖かった。
銀行へ行けば、金利が払えなく差し押さえにされそうになった方が泣きながらわめき(所得以上の生活をしてるやつ等なので自業自得だと思うが・・・)、そして泥棒は勿論、特にセンターに車を止める時、人が見えるところに小銭を置いたら、窓ガラスを割られたという話もよく聞いた。
治安の悪いところは、堂々とドラック売買は勿論、薬におぼれ殴りあいもしばしば、そして、路上に血痕もよくついていた。

テレビのニュースとは違う、そう、それが現実なのです。
私が住みだした時とは、別世界です。
旅行と滞在はぜんぜん違います。
国の経済破綻寸前って、本当に怖いですよ。

たまに、ふとしたときにこのまますんでいたらどうなっていたかな・・・と考えることがあります。
ケチョンケチョンに書いていますが、一番心が癒されたのはここの自然でした。
歩いて10分しないところに大きなヨットハーバーがあり、海を眺めてぼ~~~っとする。
日本にいる仲間を思い出しながら。。。

そこでの経験がないと、生きるための知恵、自分もしていた人種差別、歴史問題、何も解決はしなかったと思います。
私の中の小さな社会ですが、ひとつひとつの壁、そして自分が真正面で付き合わないと、人は心を開かないし教育から生まれてきた誤解が解けない・・・私は身をもって知った場所。
自分たちがやってきたことには絶対無駄はないから。。。

数名のジャーナリストとも知り合い、
某報道テレビの撮影
真実ってなに?
彼らの命をかけて追い求める姿を見てきたからでしょうか?
いや、彼らの行動に対し命をけて真実と向き合い、そしてこの腐った世の中を改善しようと言う純粋な瞳を見て、私の考え方が変わりました。

えらそうなことを書いていますが、ここまで悟るのに何年も時間がかかりました。
だから今こうやってブログをしているのだと思います。
リーマンショック後に住んでいる人はわからないかもしれませんが、以前のあの国を知っている人だったら、かなりつらいと思います。
だからあえて前住んでいた国の名前は書きません。
でも、私が経験した事実は書かせてください。
そうしないと、今後そのような経済危機を迎える国は増えてくると思います。
でも、私が経験したことを誰かが見て、少しでも役に立つことがあったらこの記事を書いたかいがあります。

国を変えても相変わらず前途多難な日々は続いています。
あの経験があったから、私たちはまた新たな挑戦者として挑むのでしょうね。。。

でもね、未だに
miamiyaはどうしている?
たまには顔を見せてね。


と、前住んでいた国の友達の便りで知り合いがよく私に対して口にしてくれること。
ありがたいです。

ありがとう、クレイジー大国。もう戻りたくないけど。。。
ありがとう、外国人同士助け合った仲間。あの味、心遣い忘れないよ!!
・・・そして、ありがとう、これからもよろしく、私の隣の部屋で仕事をしている人♪

ブログランキングに参加しています。
Please, click here to support ;)

ポチッとお願いします。←Please one quick :)
       と    
読んだら押してね。←one more;)
各1回ずつ応援クィックしていただくと今後の励みとなります。
応援の方よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントを書く

* コメントを編集・削除する場合には、暗証番号の入力が必要です。
* 「秘密」にチェックを入れると管理者のみその内容を読めますが、編集・削除はできません。
* 質問にはURLを記入お願いします(なるべく症状の分かるもの)。
:
:
:
:
:
:  削除や編集のときに必要です。
:  管理者にだけが読むことができるようにします。

コメント♪

●タイトル

あの国はちょっと観光で行くにはいい感じですけどね?
オリーブオイルも海の幸も美味しいし。
風景はすごいし・・・
でも、ほんとに、国が破綻するって怖いことですよね。
貧すれば鈍する・・・っていうけど、
人間のすさんでいき方が想像されて、読んでてこわくなりました。
今、無事でいるから貴重な経験とか言えるけど、怖かったでしょうね。
色んな国の色んなこと、日本にいると全く見えないこと、
住んでみて初めて解ることって多いですよね。
色んな経験はすべて今につながっている・・・

ふと、あ、あの時のことがココにつながってるんだ・・・
とか、急に妙に腑に落ちたりすることってない?
ああ、このためだったか・・・とか。
変かしら?(^^;




anemone#0XD2YVB.│URL│posted at 2011-03-01(Tue)23:04│編集

●anemoneさん コメントありがとうございます。

anemoneさんへ

> あの国はちょっと観光で行くにはいい感じですけどね?
うん、観光だったらいいですよ。
住むのは・・・最初いいかもしれないけど(私は駄目、住みだした当初数回荷物をまとめました)、現地人(特にわけのわからない島出身者)が周りにいると気が狂いますよ。
常識が非常識になり、対応がすごく大変でした。

> オリーブオイルも海の幸も美味しいし。
> 風景はすごいし・・・
特にオリーブオイルは最高です。
が、やつらが加工してご飯を作ると、恐ろしいです。

> でも、ほんとに、国が破綻するって怖いことですよね。
> 貧すれば鈍する・・・っていうけど、
> 人間のすさんでいき方が想像されて、読んでてこわくなりました。
> 今、無事でいるから貴重な経験とか言えるけど、怖かったでしょうね。
調子のいいときはいいですよ、我慢ができるから。
でも、破綻という1つ歯車が壊れる国民全体にきますからね。
家庭崩壊は勿論、町を歩くと何かにつけて人種関係なく文句、そして車に傷は当たり前、後車のタイヤに空気も抜かれたわ。外に出るのが毎日口げんかが耐えませんでした。
そして、日本人同士集まるとね、”自分おかしくなっていない?”って、確認しあうの。
・・・確認しあわなくなったら、末期症状、すごい環境でしょ。

本当、私たちは遅い方で、斜め前に住んでいたアメリカ人と、イギリス人とどちら最後に残るでしょうか?と、あいつらには負けたくないと、あわてて荷物を運んだわぁ。

あの恐ろしさを体が覚えてしまって、こりゃやばいと思ったら、たまに震えがくるんです。

> 色んな国の色んなこと、日本にいると全く見えないこと、
> 住んでみて初めて解ることって多いですよね。
そうなんですよ。
私ね、知らないというのが一番怖いと思います。
日本の特有と思われがちですが、”くさい物には蓋をしろ!!”これは、今の時代一番いけないことだと思います。
真実を知った上で、自分たちは二の舞を起こさないように対策が早期にわたり作り出されます。
問題を解決しないと次はもっとひどい状況でその問題に挑まないといけないのかもしれません。
他の国の問題は、人事ではないと思ってほしい。

> 色んな経験はすべて今につながっている・・・

> ふと、あ、あの時のことがココにつながってるんだ・・・
> とか、急に妙に腑に落ちたりすることってない?
> ああ、このためだったか・・・とか。
> 変かしら?(^^;
えぇ~~~~~!!
そうなんですよ!!私も同じ、同意見ですし、いろいろな出来事を0から考えるとそうなんです。
うれしいです、わかる人がいてくれて!!
さすが、サザエさんです!!

ひとつの出来事は、何かにつながっているんですよ。
わかるかわからないかはあなたしだいって・・・。
miamiya#-│URL│posted at 2011-03-01(Tue)23:34│編集

●タイトル

こんばんは。
いろいろ思い出しちゃいました。

青い海、青い空、白い壁、そして宮殿、
古い歴史を持つ美しい国、ぐらいの認識しかないのですよねぇ。

日本もこれからどうなるのか。
もはやよくわからなくなってきています。
さわさわ#mQop/nM.│URL│posted at 2011-03-02(Wed)15:19│編集

●タイトル

そうだったなー。
miamiyaさんの4月の記事を見つけて、「あ、無事脱出できたんだぁ!!」って。
最後のコメントかなんかで、「出国がうまくいかない」って書いてたから、気をもんでたこと、思い出しました。
ひとつの国が内部から崩壊していく、その中にいることって、肌身に迫る恐ろしさがあると思う。
理屈ではない危機感、ってやつ。
今、振り返ることができるのは”幸せ”ってやつなんでしょうね。
経験に無駄はない、それはその人によるかな?
臭いものに蓋をして生きてると、経験はムダになる。
起きた出来事は自分の過去にがらくたみたいに積み重なっていくだけなんだよね。
力及ばなくても、自分の力を尽くして生きていくことが自分の未来を作る。
たぶん、それが”生き生き”することだと思うの。

白薄荷糖#-│URL│posted at 2011-03-03(Thu)09:07│編集

●タイトル

こんにちは
もう一年経ったのですね~
miamiyaさんがペロちゃんやチュンちゃんを連れてあの国から懸命に脱出してきた事を思い出します
あの時猫にもパスポートがあることを知りましたね
歴史のある素晴しい国が少しずつ壊れていくのを間のあたりに見てきたことは凄い経験だと思います
国が壊れると人の心も壊れていくものなのですね
miamiyaさんが経験したことは怖いことですがこれからの長い人生を生き抜く勉強にもなったでしょうね(少し大げさかもしれませんが・・)
景気が回復せず閉塞感のある今の日本が壊れていかないように願っています


えっちゃん#-│URL│posted at 2011-03-06(Sun)06:37│編集

●さわさわさん コメントありがとうございます

さわさわさんへ

返事が遅くなってごめんなさい。

> こんばんは。
> いろいろ思い出しちゃいました。
>
> 青い海、青い空、白い壁、そして宮殿、
> 古い歴史を持つ美しい国、ぐらいの認識しかないのですよねぇ。
私も最初のイメージはそうでした。
そして、初めて旅行に行ったとき、素朴で、治安もよくて本当にいい場所で、楽しい場所でした。

でも、あのイベントが終わってから、急変。
人は変わり、物質的で金金主義。
いろいろと制限されていた共産圏から、急に資本主義になり、私はこれが本当の幸せなのだろうか?
あの時は、家族はとてもまとまっていて、すごくうらやましいぐらいの団結力。
でも、今は・・・崩壊しか見えませんでした。

> 日本もこれからどうなるのか。
> もはやよくわからなくなってきています。
・・・この記事を書いた理由は、後もう少ししたらわかると思います。
私が言っている本当の意味が。

私は経験した人間で、本当の意味の怖さがわかりました。
日本だけ特別な国ではありませんからね。。。
miamiya#-│URL│posted at 2011-03-06(Sun)11:13│編集

●白薄荷糖さん コメントありがとうございます。

白薄荷糖さんへ

コメントの返事が遅くなってすいません。

> そうだったなー。
> miamiyaさんの4月の記事を見つけて、「あ、無事脱出できたんだぁ!!」って。
> 最後のコメントかなんかで、「出国がうまくいかない」って書いてたから、気をもんでたこと、思い出しました。
> ひとつの国が内部から崩壊していく、その中にいることって、肌身に迫る恐ろしさがあると思う。
> 理屈ではない危機感、ってやつ。
うん、そうなの。
初めての経験で、もう本当にあのときの私はノイローゼになっていました。
1度経験した彼が、冷静に対応してくれたから、今の生活があるのだと思う。
本当に、どんな経験でも経験というのは大切で、知らないことが対処方法ができず、その恐怖から飲まれてしまい、残っている知り合いは、もがいています。。。
昨日あの国に住んでいる友達からあわてて電話が来て、もっと恐ろしい話を聞きました。
あの国だからわかること。。。
それを知っているから、わかる人は対処し、仲間との絆の確認、情報交換をするのです。

> 今、振り返ることができるのは”幸せ”ってやつなんでしょうね。
> 経験に無駄はない、それはその人によるかな?
> 臭いものに蓋をして生きてると、経験はムダになる。
> 起きた出来事は自分の過去にがらくたみたいに積み重なっていくだけなんだよね。
> 力及ばなくても、自分の力を尽くして生きていくことが自分の未来を作る。

私ね、今まで彼を始め日本+外国で素敵な方々と出会い(・・・多分かなり驚くメンバーですよ)、いろいろなことを教わり、現在も仲良くさせてもらっています。
私は、そういう方々との付き合い、教えをあえて伏せています。
特に、彼らから学んだことは、絶対他の人には教えませんでした。
なぜあえて教えないといけないの?私が教わったことだもん・
そういうことは自分の胸にしまっておく・・それが美学だと思っていました。

最近年をとったからかな?
私の中で抑えておくより、どんないやなことでも伝えることが大切なんだな・・・って。
そこを乗り越えたら、明るい未来が待っているから。。。
一人でも今からやってくる難問があることを知っているからこういう気持ちになったのです。

> たぶん、それが”生き生き”することだと思うの。
この記事を書くのは正直、あの過去を思い出しますけど、あの経験がなかったら今の生活はありません。

きっと今から起こる事は、もっと恐ろしいことになります。
数回こんな重い記事を書きましたがわかる人はわかると思います。
準備が必要です。。。
ここで私がブログ公開して言えることはこれまででしょう。
miamiya#-│URL│posted at 2011-03-06(Sun)11:31│編集

●えっちゃんさん コメントありがとうございます。

えっちゃんさんへ

> こんにちは
> もう一年経ったのですね~
> miamiyaさんがペロちゃんやチュンちゃんを連れてあの国から懸命に脱出してきた事を思い出します
> あの時猫にもパスポートがあることを知りましたね
そうなの。
ペット問題よりも移民問題がすごくて、ほかの動物は全然関係なかったみたい。
にゃんパスもチェックされなかったし。。。

> 歴史のある素晴しい国が少しずつ壊れていくのを間のあたりに見てきたことは凄い経験だと思います
> 国が壊れると人の心も壊れていくものなのですね
昔の崩壊と今の崩壊、また違った形だと思います。

特に国が破綻に近くなるとすごいですよ。
独特な圧迫感なんです。
1番寝たら疲れが取れていたのに、ぜんぜん疲れは取れないし、あちらこちらの激痛。
それは私だけではなく、周りも同じ。
・・・後ね、それはこれまでにします。

> miamiyaさんが経験したことは怖いことですがこれからの長い人生を生き抜く勉強にもなったでしょうね(少し大げさかもしれませんが・・)
確かに、大げさに書いたかもしれませんね。
でも、事実ですよ。

特に今の日本社会は、特に国際情報に関しての情報操作がひどいですよ。
雑誌とかたまにチェックしますが、いつもカフェ、ブランド、セレブ情報、そして海外に住むと食べ歩き、ドラマのような世界…とまぁ、誰にでもその生活ができるような感じで読者に勘違いさせるようなことをよく書いています。

> 景気が回復せず閉塞感のある今の日本が壊れていかないように願っています
日本でも、感性のある人は気づいていますよ。
すでにこの記事を書く前から頻繁に私と情報交換、そしてそれなりの対処をしていますよ。
気づかなかった人でも、少しだけでもこの記事の出来事が人事ではなく、もし自分に置き換えて考えてください。
そしたら、もしこのような状況が日本で起きたら、どうしたらいいか?という行動ができるかと思います。

後、これだけは言わせてください。
日本だけ特別な国ではありませんよ。
もしもという自体を考えたほうが、先決かと思います。
miamiya#-│URL│posted at 2011-03-06(Sun)11:49│編集

トラックバックURL・リンクURL

* TB用のURLとテキストリンク用のタグです。必要に応じてお使いください。
* ブログの環境設定によりTBは一旦承認してからの表示になります。
* 関連性が低いものなどは、管理人の判断で公開を控える場合があります。

トラックバックURL

リンクタグ

トラックバック♪

プロフィール

miamiya

Author:miamiya
2010年3月、フランダース地方に猫とその仲間たちと一緒に南国から引っ越してきました。
ついたばかりで気候になれませんが・・・リスやキツツキ、野鳥に囲まれながらひっそり生活しております。

みんなでつぶやきましょ

openclose

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

Comments ありがとうございます。

openclose

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

健康BMI

くろックCute BC01

あたちも入れてもらったわよ

雇ってほしかったら 高くつくわよぉ!! えつこよ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

翻訳Leggero

Google自動翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

訪問者もいろいろ♪

free counters

 copyright © 2005-2006 フランダースの猫 All Rights Reserved.
 Template Desain by bluenight.  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。