フランダースの猫-キリストの生誕の地が・・・ここに??-

フランダースの猫

フランダース地方に住む飼い猫、Pero。…実は移民猫なのであります。Peroにとって沢山のおいしそうなお友達に囲まれて ここでの生活はもちろん、趣味の事など書かせていただきます。        

 
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト
スポンサー広告│posted at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME・・・なんとも言えねぇキリストの生誕の地が・・・ここに??
◆2010.04.28(水)◆
・・・なんとも言えねぇ│posted at 15:14:25
スレッド:オカルト・ホラー  ジャンル:
ちょっとオカルト好きの冬樹君
ふゆきくん
が飛びつく(?)ような情報を。。。

まぁ世の中、歴史上で解決していない情報がいろいろとある訳で・・・今回は、そのひとつであるキリスト情報を紹介します。

と、その前に・・・
ブログランキングに参加しております。
クイック
       と    
読んだら押してね。

各1回ずつクィックし、応援の方よろしくお願いします。
私自身クリスチャンではないが、欧州に住んでいると、宗教の話がよく出てくる。
でもその住むからには、その土地の宗教観や風習をある程度は把握しなければならない。

特にキリストに関する説はいろいろ出てくる。
例えば、生誕地がいい例だ。
今回、友達との話の中でその話題になった。

そういえば、ここの近くにキリストの生誕地と呼ばれている場所があるの知っている?
はぁ??キリストの生誕地?!

私の知る限りでの情報は・・・キリストの生誕地は中東だと思っていた。
いまだに、生誕地は定かではなく、あっちだ、こっちだと生誕地であろうと思われている土地で言い合っている。
おまけに、ギリシャをはじめ、キリストに関してはいろいろな情報がごちゃごちゃになっていて、どっちが本当?と、思う反面、その近辺でキリスト教が始まったのね、どちらともめちゃめちゃな国だから、勝手に言い争いをしてくだせぇと思っていた。
が、今回欧州で?生誕地??というのは初めてだ。
ちなみに・・・この情報は彼が面白い場所はないかと、インターネットでリサーチして知ったのだという。
まぁ、キリストの墓が日本にあると、言われている以上にはぁと、同じぐらい疑問を持ってしまった。

しかも・・・場所がここフランダース地方、情報者はフラミッシュ(フランダース地方の人間)。
・・・めちゃめちゃ怪しい。
早速彼から、その町を教えてもらい、まぁ、家から近かったのもあったのでその週の日曜日、天気もよかったので車でドライブがてらよってみた。

天候が悪いといわれている北ヨーロッパなのに
とある民家風景
本当に天気がよくて、日中は20度を越す暖かさ。

横を見ると・・・
モォ~
草原に牛が気持ちよさそうにお昼ね。
見ているこっちまで眠くなります

ヨーロッパって、センターから離れたら田舎町に入ります。
何気ないところをドライブするのが好きです。
まぁ、走行しているうちに
pP1130649.jpg
目的地に到着。

早速車から降りて、町を探索
天気がいいと、あちらこちらでサイクリングを見かけます。。。
ちっ、ちょっとぉ~~~~~っ
サイクリング
わんちゃん、歩かせなさい!!
そう、よく見る光景のひとつでもあるのですが・・・たぶん、広い敷地を見つけてワンちゃんをはなして遊ばせるためでもあるんでしょうね。←勝手な解釈
・・・といっても、本当に気持ちよさそうなワンちゃん。

で、キリストの生誕地(?)と言われています場所に建てられた教会
キリストの生誕地?
を見つけました。

この教会は町の規模から考えたらかなり大きいです。
・・・たくさんのお布施をいただいているのねと、心の中で思いつつも、教会に圧倒されました。
さぁ、入り口はどこだろうと周辺を歩きます。

??
?!
・・・
そう、入る隙がないぐらいのお墓の数々・・・
ここまでお墓の数が多い教会は初めてみました。

キリストの近くにいたい、聖地にいたい・・・クリスチャンの希望なのでしょうね。
教会の敷地の中に入ろうという気がうせてしまいました。
と言うか、お墓の数に圧倒されて、さすがの私も足がすくんでしまったと言うほうが正確だろう。。。

イメージしていた場所と違い、少しがっかりしましたが、中東とここどっちが本当なのでしょうね?
・・・めちゃめちゃな所は似ていますけどね。(苦笑)

そっ、それにしても、私が知っている?説が正しかったら
キリストはここ(フランダース地方)で産まれて、青森で命を落とした。。。
と言うことになるんだよ・・・ね??
うぅ・・・ん、、、なんともいえない説である。
これが本当だったら、あの時代でキリストはめちゃめちゃな放浪暦があることになる。
それにしても、その時代キリストは何しに日本へきたのだろうか?
だって、キリスト教が日本に伝わったのは1549年・・・
ミステリーだ。。。

ブログランキングに参加しております。
クイック
       と    
読んだら押してね。

各1回ずつクィックし、応援の方よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントを書く

* コメントを編集・削除する場合には、暗証番号の入力が必要です。
* 「秘密」にチェックを入れると管理者のみその内容を読めますが、編集・削除はできません。
* 質問にはURLを記入お願いします(なるべく症状の分かるもの)。
:
:
:
:
:
:  削除や編集のときに必要です。
:  管理者にだけが読むことができるようにします。

コメント♪

●のどかですね

こんばんは
写真を見ているとのどかな感じのする所ですね
昼間なのに人がこれだけ?
黄色いお花の中でのんびりと牛が寝そべっているし
ピンクの花が綺麗な街路樹も素敵(何の花でしょうか?)
キリストさんも今は物騒な中東よりここのほうが良いと思っているかもしれませんね
熱心なクリスチャンの人達はキリストを少しでも身近に感じたいのでしょうか
それにしても青森がなぜ出てくるのかは???です

ワンちゃんの乳母車(みたいなの)は日本でもマンションに住んでいる人が使っていますね
エレベーターに乗せる時などに他の人に迷惑にならないように使ってドッグランまで行ってるみたいです
えっちゃん#-│URL│posted at 2010-04-28(Wed)16:15│編集

●えっちゃんさん コメントありがとうございます。

えっちゃんさんへ

今回行った場所は、小さな田舎町です。
日曜日は、ショップがしまっているので、日曜日の商店街は寂しいですよ。
・・・あっ、ここね、本当に働かない人種だから、レストランも大半は閉まっています。

> ピンクの花が綺麗な街路樹も素敵(何の花でしょうか?)
日本と品種の違う桜だと思います。
あっ、ちなみに牛がごろごろしている黄色い花はタンポポです。

> キリストさんも今は物騒な中東よりここのほうが良いと思っているかもしれませんね
> 熱心なクリスチャンの人達はキリストを少しでも身近に感じたいのでしょうか
確かに、熱心なクリスチャンは少しでもキリストの近くに居たいのでしょうね。
でも、ここからキリスト教が広まった・・・とは思えないような地域です。
本当に生家なの?と思いましたが、下から2枚目の写真:教会の左下ぐらいにひし形のような形があるでしょ、そこにキリストの彫刻と、何か石碑のようなのがありました。
が、流石にあの雰囲気から入れなかった。。。いろいろな意味で

結構、宗教のメッカの場所って、独特な雰囲気とオーラがある場所があるんですよ。

> それにしても青森がなぜ出てくるのかは???です
あははっ、以前友達の会話で思い出した事を書きました。
多分、マイナーな話なので、知っている人は知っていると思います。

> ワンちゃんの乳母車(みたいなの)は日本でもマンションに住んでいる人が使っていますね
> エレベーターに乗せる時などに他の人に迷惑にならないように使ってドッグランまで行ってるみたいです
そうなんですか、知りませんでした。
散歩で歩くのが面倒だから犬を乗せているのかな?と思いました。
・・・いや、この人たちだったらありえる。

そういえばたまに、その中に小さな子供を乗せている方もいました。
miamiya#q8Z0istI│URL│posted at 2010-04-28(Wed)21:20│編集

●NoTitle

トンデモ話は数々あれど…。
本人どこで生まれて死のうと、人生全うしたんだからいいじゃないのヨ、と言いたくなりますが、そういうのを知りたいっていうのもわかるなー。
それにしても、のどかな所ですね。
キリストさんもあの世での昼寝はこんなところでしてるんでしょうか?
(ハードに働いたて殺されまでしたんだから、あの世でのんびりしたっていいですよねー。)
白薄荷糖#-│URL│posted at 2010-04-29(Thu)05:56│編集

●NoTitle

ほんとのどかだねぇ。。牛可愛い♪♪
ピンクの花は日本の八重桜に似てるねー。
桜じゃないのかしらー。
うちの妹は電車に乗る時ワンコカート使ってたな。
10kgのフレンチブルだから抱っこするには重いしねw

しかしキリストが青森で・・・はwww
歴史ってまだあやふやな所があって楽しいね。
きく#-│URL│posted at 2010-04-29(Thu)14:41│編集

●白薄荷糖さん コメントありがとうございます。

白薄荷糖さんへ

> トンデモ話は数々あれど…。
> 本人どこで生まれて死のうと、人生全うしたんだからいいじゃないのヨ、と言いたくなりますが、そういうのを知りたいっていうのもわかるなー。
確かにね、生前はクレイジーだと思われ、死後有名になると、○○が生まれた場所、すんでいた家など、えっ、こんなところも紹介するの?と思うけど、知りたいって気持ちはわかるよね。

> それにしても、のどかな所ですね。
本当にのどかな場所ですよ。
その教会の真向かいは、町の公民館的なところで、その日子供たちの展示をしていました。

> キリストさんもあの世での昼寝はこんなところでしてるんでしょうか?
> (ハードに働いたて殺されまでしたんだから、あの世でのんびりしたっていいですよねー。)
そうかもね(^^)
また12人と使徒と、”最後の晩餐”じゃなくて、ござをしいて、今花もきれいに咲いているので”みんなで花見”でもしているのかな?・・・あの世でもユダは裏切るのかな??
miamiya#Wc38p5oU│URL│posted at 2010-04-29(Thu)23:26│編集

●きくさん コメントありがとうございます。

きくさんへ

> ほんとのどかだねぇ。。牛可愛い♪♪
本当にこの辺りはのどかだよ。。。眠くなるよ。

> ピンクの花は日本の八重桜に似てるねー。
> 桜じゃないのかしらー。
私もこの花は八重桜だと思うんだけどちょっと違うような気もするし・・・
ちょっと離れたところで写真を撮り、よくその花を見ていないのよね。←相変わらずな私
この手の花は民家の路上によく咲いているので、花が散らないうちによく見てこよう♪

> うちの妹は電車に乗る時ワンコカート使ってたな。
> 10kgのフレンチブルだから抱っこするには重いしねw
そうなんだ!!
私が日本から離れる前はわんこカーとって、まだなかったような気がします。
前住んでた国では一度も見たことないし。。。ちょっとした浦島太郎ね。f(^^;

> しかしキリストが青森で・・・はwww
私も初めてこの話を聞いたとき”おい、正気か?熱でもあるのか??”と思ったけど、人それぞれだからね。

> 歴史ってまだあやふやな所があって楽しいね。
本当、また国によって歴史は伝わっている内容が違うので、地元の人から聞く情報も結構楽しくてね。。。
また、おいおい・・・と思った情報を教えるね。
miamiya#q8Z0istI│URL│posted at 2010-04-29(Thu)23:37│編集

●NoTitle

あらあら、これはなかなか面白いですね♪日本にはユダヤ伝説も、かなりありますから。例えば朱の鳥居なんかは、過ぎ越しの戸とそっくりだし。。。^^

ユダヤ系フラマン人(?)のイエスが、はるばる海を渡って日本に来たというのは壮大なロマンですね。京都の大江山の鬼は、ひょっとするとその子孫かもしれません。にゃは♪
mikomai#-│URL│posted at 2010-05-02(Sun)10:46│編集

●mikomaiさん コメントありがとうございます。

mikomaiさんへ

この手のうわさっていろいろありますよね。
フラミッシュのいう事だから、あまり期待はしていなかったのですが、行ってみてあの墓の数に圧倒されましたよ。
キリストではなく鬼太郎がここで産まれたの?と、一瞬思いました。
・・・確かにね、ユダヤ説は私も聞いたことがありますし、エジプシャンのような説もありますよ。
なぞが多いから、いろいろな説が出てくるんでしょうね。
・・・今度は、どんな説を聞くんだろう。

> ユダヤ系フラマン人(?)のイエスが、はるばる海を渡って日本に来たというのは壮大なロマンですね。
・・・ユダヤ系フラミッシュだったら、この宗教はスーパー金金のいい加減宗教になっているかも。

> 京都の大江山の鬼は、ひょっとするとその子孫かもしれません。にゃは♪
それは、面白いね・・・本当に子孫だったりして。
なんかいろいろと話が広がるね。
miamiya#q8Z0istI│URL│posted at 2010-05-03(Mon)23:35│編集

トラックバックURL・リンクURL

* TB用のURLとテキストリンク用のタグです。必要に応じてお使いください。
* ブログの環境設定によりTBは一旦承認してからの表示になります。
* 関連性が低いものなどは、管理人の判断で公開を控える場合があります。

トラックバックURL

リンクタグ

トラックバック♪

プロフィール

miamiya

Author:miamiya
2010年3月、フランダース地方に猫とその仲間たちと一緒に南国から引っ越してきました。
ついたばかりで気候になれませんが・・・リスやキツツキ、野鳥に囲まれながらひっそり生活しております。

みんなでつぶやきましょ

openclose

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

Comments ありがとうございます。

openclose

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

健康BMI

くろックCute BC01

あたちも入れてもらったわよ

雇ってほしかったら 高くつくわよぉ!! えつこよ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

翻訳Leggero

Google自動翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

訪問者もいろいろ♪

free counters

 copyright © 2005-2006 フランダースの猫 All Rights Reserved.
 Template Desain by bluenight.  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。