フランダースの猫-日本の医療機関と外国で経験した医療機関。-

フランダースの猫

フランダース地方に住む飼い猫、Pero。…実は移民猫なのであります。Peroにとって沢山のおいしそうなお友達に囲まれて ここでの生活はもちろん、趣味の事など書かせていただきます。        

 
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト
スポンサー広告│posted at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME病気と闘う。日本の医療機関と外国で経験した医療機関。
◆2011.02.04(金)◆
病気と闘う。│posted at 23:14:55
スレッド:健康  ジャンル:心と身体
病気ネタを伸ばしているつもりはないのですが・・・。
おかげさまで、8~9割は治りました~~~~っ(大泣)
心温まるコメント、及び、心配をおかけしてすいませんでした。
コメントの返事は少し待っててくださいね。。。
今年の風邪・・・いや、インフルエンザ恐るべし、侮れず。
かなり健康には用心しております。
昨日まで、どうしても気が気でならないことがあり、精神的にブログを書くような余裕がありませんでした。

かなり病気ネタを書かせてご心配をかけたかと思います。
すいません。。。
ブログで一応記録としてかかった病気のことを書いていますが、時として忘れるときがあります。
もし、似た病気の症状の際に、自分の対処法を読み返し、改善する面、そして今後に生かすため、また似たような症状を持った方がたまたま見たときに、何かの参考になればと書いております。

私が外国に住んで、医療関係をなるべく使わないようになったのはいくつか理由があります。
その記録と経過を書いておこうと思います。

一時帰国で撮ったときの写真

私が日本に住んでいるとき、いやOL時は病気ばかりしてて、病院のお世話になっていました。
ちょっとしたことで、周りに迷惑をかけてはいけないと、病院に行っては点滴や予防注射。
それでも必ず流行風邪は引いていたので、薬をたくさんもらっては飲んでいたり。。。
でも、その薬は全部は飲みきれず大半はとっていましたが、使うことはほぼありませんでした。
それが当たり前の生活に過ぎませんでした。

外国にすむと・・・日本とは違う。

いざ外国に住むと、医療機関というのに疑問を持つようになりました。
日本では保険が使えたのもありますが、当時私は保険に入ってはいたものの、いざ使うとなると、これは対象外とか結構あり、医療機関が使えないじゃん。。。と、そんな現実に追い込まれました。
当時、インターネットは使えない状況(ほとんど普及していなかった)で、家庭の医学的な知識が必要となります。
が、私は何でも日本の医療関係に頼りっきりで、その自分の知識不足と未熟さにかなり恥ずかしい思いをしました。

当時、同じマンションに住む管理人さんが、
:風邪のときは昔からこの薬草を飲むのよ。
そしてね、本当に辛くなったら薬を飲むようにしないと、本当に効く薬が効かなくなるときがあるわよ。

と、言われました。
思うのですが・・・正直、ドイツ以外の医療機関はあまり信用ができません。
少し診断受け”誰だって、わかるよ~~~”と、思うような返答、かなりのお金を支払います。
だからかな・・・、その管理人を始め、母から娘へ、家庭の医学いや知恵袋を伝えているような気がします。
そして、めったなことがないと病院には行きません。

確かに、私の知っている外国の医療機関は、あまり薬で病気を治す治療はしなく、自然治癒で免疫をつけ、そして次くる時まで様子を伺い、薬を出すような医療機関が多く感じます。
特にあの国では、普通の医者よりも薬剤師の方が知識が高く、病気の症状を伝え、それによって流行の風邪に対処する薬を購入していました。けど、最初から強い薬は渡しません。
・・・正直、医者よりも薬剤師の方が信用ができ、症状を見てから渡すようなシステム。

お友達になった、ナースの友達からの紹介で、この国の名医といわれる方から診察を受けましたが、なるべく薬は使わず、自然治癒方法を活用しています。

それからかな・・・考えを変えたのは。
一番の私の問題は、日本で薬ばかり飲んでいたせいもあり、現時で一般的に効くといわれる薬が効かない体になっており、結構強いといわれる薬ばかり飲み続けていたせいもあり、人より治りが遅くなり、抵抗力が低くなってた様に思えます。

正直・・・自分の体は本人がきちん知っておかないと、頼りっきりはいけないな。
しかも、外国ですんでいるから、日本の薬ばかり頼ってはいけない・・・外国で生活する以上、せめてここで薬剤師や医師が進めた薬が効く体になりたい。

と、それからです。
家庭の医学的な本を読み、その国での風邪を引いたときの対処法等を聞き、メモを取ったり・・・。
こっ、これでも食生活には気を使っています。。。

小さい子でしたら、医療機関へ即効させると思いますが、私は大の大人ですし、もし私が子供を持つ立場になったとして、ある程度の医療知識を知らないと、子育てなんてとてもじゃない。。。と、思ったのです。

今回のインフルエンザは、さすがにピンチでしたが、でも、これは新型の風邪だということはわかっていましたし、免疫をつけないと、またひどい風邪をひく。。。と、思い、風邪薬は2回飲んで、症状がまったくでないと判断し、アスピリンを飲んだら、体の痛みや熱が引きました。
そして、少しからだが動かせたら、即友達のところへ行き、情報交換をします。
ひどい風邪が流行してて、薬が効かないような話を聞き。。。たぶん、この風邪に効く薬はたぶん、今現時点では開発段階に過ぎないであろうと判断し、シロップを購入して飲んでいました。
咳がひどくて、本当にあばらと肺に来てて・・・マジ痛かったけど、鎮痛剤を飲んだら、その痛みはなくなり。1~2日1回かな?飲み、そして、1週間に2回ぐらいカルシウムを飲みました。

その判断は正しく・・・確かにいまだに無理はできませんが、徐々に治っています。
回りも私たちと似た感じです。。。

でも今回、わかったことがあり、やっと少しずつではありますが、
チョコレート味の薬。
現地で効くといわれている咳止めシロップ(ちなみにチョコレート味)が私の体にも効くようになったこと。。。
よかった、自然治療に切り替えて・・・。

もし、この事情を知らず、このまま日本でいろいろな薬を飲み続けていると私の体はどうなっていたでしょうか?
正直、治りも遅く、辛いですけど、自分の体のため、いざ大病になったとき、効くといわれる薬が効かない体だったら。。。
日本国内だったら問題対処はできます。
でも、私は外国に住んでいます、日本と同様の医療機関を求めるのは難しいです。

現在医療を信じないわけではありません。
自分のできる範囲、そして知識とその病気に対してどう機転が効くか。。。それは体が自然に覚えるような気がします。
後、日本の医療機関でいただいた薬の量。。。
余った薬一応私は、処方箋とともに取っておき、似た症状の時に飲んだりしていましたが、いつも見て切なくなるときがあります。
この薬で、命が助かる人たちが大勢いるのに・・・って。

ちなみに・・・あばら骨を折ったことのある友達に、お勧め病院を聞き、翌日病院へ行きました。
あばらは、ばっちりヒビが入っていました。
モトクロスで使っているニキベルトを、アバラに覆うよう巻いているので、
:対処としてはOK、安静にね
と、言われ薬をもらって終わりでした。そっ、それだけでした。
私、咳しているのに・・・私には関係ないと軽く無視・・・まぁ、いいんだけどね。

ブログランキングに参加しています。
Please, click here to support ;)
ポチッとお願いします。←Please one quick :)
       と    
読んだら押してね。←one more;)
各1回ずつ応援クィックしていただくと今後の励みとなります。
応援の方よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントを書く

* コメントを編集・削除する場合には、暗証番号の入力が必要です。
* 「秘密」にチェックを入れると管理者のみその内容を読めますが、編集・削除はできません。
* 質問にはURLを記入お願いします(なるべく症状の分かるもの)。
:
:
:
:
:
:  削除や編集のときに必要です。
:  管理者にだけが読むことができるようにします。

コメント♪

●No title

ちょっと回復したみたいでホッとしました(^^
そうそう、日本の病院は薬の出しすぎ!
どこの世界に風邪ぐらいで医者に行って抗生剤貰う国があるもんですか!
何かというと点滴うったり・・・
ンで、きかなくなるんですよね。
なんでもかんでも医者の方が安いから医者で薬を貰ったり、果ては湿布を貰いに行ったり・・・
それって安いかもしれないけど、全部税金なんだけど、日本人はそこんとこ曖昧にしかわかってない。
んで、保険代が上がった!とか、税金あげるな!とか・・・
ホンマに、エエ加減にしなさい!

アメリカも同じですよ。
保険が充実してない分(してなさすぎですが)、みんなシビアだし、医者も薬はだしませんからね。
ただ、激しい症状の場合は消耗して、命を落とすことがあるのと、
インフルエンザの場合は、市販の風邪薬を飲むと悪化することがあるので、医者は抗菌剤をだしてくれますね。
症状の緩和薬はくれませんね。
古くから伝わる民間の治療はいいですよね。
ただまぁ、日本でも漢方ブームで漢方はやったりしてるけど、漢方にだって副作用もあれば、飲み合わせもあるのに、それもまた、自然のものなら大丈夫だと思い込んでる人もいるみたい・・・
なんていうか、無知って、ある意味罪悪かも。
ワタシは純粋に、体がしんどい時に英語で電話予約するのがいやで、病院には行かないですけどね。とほほ。
まだ無理はだめですよ~~(^^/
anemone#0XD2YVB.│URL│posted at 2011-02-05(Sat)02:20│編集

●anemoneさん コメントありがとうございます。

anemoneさんへ

> ちょっと回復したみたいでホッとしました(^^
ありがとうねぇ~~~、やっと回復してきました。(大泣)

> そうそう、日本の病院は薬の出しすぎ!
> どこの世界に風邪ぐらいで医者に行って抗生剤貰う国があるもんですか!
> 何かというと点滴うったり・・・
> ンで、きかなくなるんですよね。
そうなのよ!!
私も日本にいる時は薬の出しすぎにうんざりしていました。
使う薬はほんの少しで、残りの薬を思うと・・・本当にもったいないと思っていました。
患者の体を考えているの?それとも、薬品会社との結託??
そして、病院に行き診察を受けると必ず「風邪ですね~~~、点滴と薬出しますね」って、いつの間にか、私の体は薬漬け。もう外国に住みだした当初、いつの間にこんなボロボロになった体内の状況を知り、こっちのほうが怖くなりました。。。

> なんでもかんでも医者の方が安いから医者で薬を貰ったり、果ては湿布を貰いに行ったり・・・
> それって安いかもしれないけど、全部税金なんだけど、日本人はそこんとこ曖昧にしかわかってない。
> んで、保険代が上がった!とか、税金あげるな!とか・・・
> ホンマに、エエ加減にしなさい!
・・・私もそう思う。
あまりにも矛盾しすぎ。
正直、最近思うのですが・・・特に日本に住んでいる日本人は、国の組織を以前以上にわかっていないように思います。
というか、国内・国際ニュースを見ているのかな?と。
だから、国の借金が増え、国民負担も増える、自分の生活を苦しめているのが分かるのかな?
日本のマスメディアが、○○を製造するような番組制作をする方も悪いような気もするのですが・・・。

おまけに、裏で政治家や○○○どもが結託してめちゃめちゃにしているのも知っている。

だから、国債が世界から信用がなくなりつつあるんだ!!
このランキングが下がった意味、国際的な信用ということを特に日本に住む国民はよくわかっていない!!
話がそれるので書きませんけど。。。

> アメリカも同じですよ。
> 保険が充実してない分(してなさすぎですが)、みんなシビアだし、医者も薬はだしませんからね。
> ただ、激しい症状の場合は消耗して、命を落とすことがあるのと、
> インフルエンザの場合は、市販の風邪薬を飲むと悪化することがあるので、医者は抗菌剤をだしてくれますね。
> 症状の緩和薬はくれませんね。
アメリカの医療関係はもういろいろ聞いています。
ふむむっ・・・そうかぁ。
私は、インフルエンザで病院にはいったことはありませんが(多分、診断の想像がつくから・・・)、あまり薬は極力ださないようなことを聞きます。
薬屋に行き、風邪を引いた症状を詳しく言ったら、今流行風邪で一般的に飲まれている薬(大半シロップが多い)を渡します。

> 古くから伝わる民間の治療はいいですよね。
そうですよね。
国によって、家庭の医学的なことが違うんですよ。
それが、かなり面白く、おばあちゃんから言われたものを飲んだら本当にすぐに治ったり、薬草をお茶として飲んだら、腹痛が治ったり。。。不思議よ。

> ただまぁ、日本でも漢方ブームで漢方はやったりしてるけど、漢方にだって副作用もあれば、飲み合わせもあるのに、それもまた、自然のものなら大丈夫だと思い込んでる人もいるみたい・・・
> なんていうか、無知って、ある意味罪悪かも。
私ね、抗生物質が飲めなく、薬のアレルギーが結構あるんですよ。
私が愛用している漢方薬は、葛根湯や柴胡桂枝湯。
かなりネットで調べて使用しています。
とりあえず、家庭の薬百科見たいのを持っていますので、それを読んでおります。

> ワタシは純粋に、体がしんどい時に英語で電話予約するのがいやで、病院には行かないですけどね。とほほ。
> まだ無理はだめですよ~~(^^/
・・・病院に行くたびに、体がしんどいのに怒りマークが増えるので・・・いきません。

今回、少しの無理が病気が悪化し、長引くのを経験し、痛感したので、無理はしないよう努力してます。
・・・貧乏性なので、ちょこちょこよく動かないと落ち着かないんですよね。。。だめジャン
miamiya#q8Z0istI│URL│posted at 2011-02-05(Sat)12:00│編集

●ドイツの医療機関もだめっすよ

調子が回復されてきたみたいで、良かったです~。

あんまり大きな声では言えませんが、ドイツの医療機関もかなりダメダメですよ。 っていうか、私の感覚的には、ベルギーのお医者様の方が、「ハズレ」なお医者さんが少ないような・義理の母が、たくさんお医者様の知り合いがいるので、
っというコネのおかげもあるんだと思いますが・・・。

ドイツは保険制度のせいもあるのだとの思いますが、公的保険に入っていると、なんか丁寧に扱われないことが多いし、私的保険にはいっているとかなりいい加減なお医者さん、また、「患者に診察料金をふっかけてるのか(怒)」っていう感じのお医者さんが多いです。

今は、大きな町ではなく、郊外にある別
の市にすんでいるから多少「アタリ・ハズレ」の少ないですが、フランクフルトにいたときは、「かかりつけのお医者さま」と安心していえるお医者様に会えるまで、4回くらい医者を変えました。 

盲腸で入院したときも、2回入院する羽目になった1回目の入院のときに無理やり退院させようとしたお医者さんの診察ミスだし(偉いお医者さんと経験のあるお医者様が休暇と出張で、若いお医者さんしか残らないから無理やり退院させた)。

日本国外にきたら、安心して診察を任せられるお医者さんにたどり着くまでの努力って、絶対に、絶対に必要かなぁっと、しみじみ思います・・・涙
わいん#-│URL│posted at 2011-02-05(Sat)12:11│編集

●わいんさん コメントありがとうございます。

わいんさんへ

わいんさん、会社復帰されたということですが・・・けっこうこのインフルきついよね。
無理は絶対しないでね。

> 調子が回復されてきたみたいで、良かったです~。
ありがとうございます♪

> あんまり大きな声では言えませんが、ドイツの医療機関もかなりダメダメですよ。 っていうか、私の感覚的には、ベルギーのお医者様の方が、「ハズレ」なお医者さんが少ないような・義理の母が、たくさんお医者様の知り合いがいるので、
> っというコネのおかげもあるんだと思いますが・・・。
まじっすかぁ~~~~~~~~~?!
一歩離れれば、ドイツ人の医者=信用できるという概念があります。
そこにかよう患者は多いですよ。
後ね、前住んでいた国、如何様医者が多く、医療免許を持っていないのに開業医として働いている人が多いわけ。とんでもないでしょ?!

私の場合、以前住んでいた国で、大学病院勤務でかなり人気のある看護婦さんと友達だったので、彼女のコネで、彼女から見たまともな医者を紹介してもらい、見てもらっていました。
うん、確かに少し荒いけど、傷口もきれいにふさがり、すぐ治ったわぁ。
だから安心だったのよね。。。

が、今は・・・まだ知り合いという知り合いがいないので、医療機関に通うなんて・・・怖すぎます。
やっぱり、人脈は必要よね。(大泣)

> ドイツは保険制度のせいもあるのだとの思いますが、公的保険に入っていると、なんか丁寧に扱われないことが多いし、私的保険にはいっているとかなりいい加減なお医者さん、また、「患者に診察料金をふっかけてるのか(怒)」っていう感じのお医者さんが多いです。
私の情報は古かったのかな?
確かに、わいんさんのブログを読んでいて、ドイツの医療関係に疑問を持ったし、あまりにも金金に走っているな・・・と、やはりメルケルがアメリカよりだから、アメリカンシステムをかなり採用しているのかしら??

私の知り合い情報だと、最近癌とか大きな病気はインドで治療する方が多いようなことを聞いたよ。
アメリカの最新の医学で、格安でかなり信頼できるといっているけど・・・どうだろうね。
私の知り合いオランダ人のお母様が、お医者様なので、よっぽど160km通って見てもらおうと思ったわぁ。
・・・その前に体力が尽きるって!!

> 今は、大きな町ではなく、郊外にある別
> の市にすんでいるから多少「アタリ・ハズレ」の少ないですが、フランクフルトにいたときは、「かかりつけのお医者さま」と安心していえるお医者様に会えるまで、4回くらい医者を変えました。 
>
> 盲腸で入院したときも、2回入院する羽目になった1回目の入院のときに無理やり退院させようとしたお医者さんの診察ミスだし(偉いお医者さんと経験のあるお医者様が休暇と出張で、若いお医者さんしか残らないから無理やり退院させた)。
>
そうだったよね。。。すごいつらい思いされたよね。
ここの医療機関って、患者を人体実験か打ち出の小槌と思っているだろ!!と思うこと、しばしば。
本当、外国で住むと一番病気の問題は悩むよね。。。

> 日本国外にきたら、安心して診察を任せられるお医者さんにたどり着くまでの努力って、絶対に、絶対に必要かなぁっと、しみじみ思います・・・涙

わかる、わかる!!
私も同じよ。
総合病院がいいとは限らないし!!
ここにいつまで住むかわからないけど、私もきちんとした医者探ししなくちゃ。(大泣)
動物病院は見つけているんですけどね。。。f(^^;
miamiya#-│URL│posted at 2011-02-05(Sat)14:07│編集

●No title

ご無沙汰しちゃいました~!
ちょっと野暮用が色々あって・・・
もう落ち着いたので大丈夫ですけど^^

。。。わかります!
私も今まで、薬漬け状態でした!
何かって言うとすぐに薬。。。
風邪・頭痛・咳・腰の痛み・インフルetc
何でも薬~薬~~の生活ですからねぇ。。。
自然治癒、一番いいですよね!
大きな病の時は仕方無いですけど、
私も薬で治すの控えようかな???

人間の身体って、自分が心配する程弱くないんですよね~

。。。花はすぐに病院に行っちゃいますがネ^^
(口が聞けないから仕方ないですよねぇ・・・)
taisho#-│URL│posted at 2011-02-05(Sat)14:56│編集

●taishoさん コメントありがとうございます。

taishoさんへ

> ご無沙汰しちゃいました~!
> ちょっと野暮用が色々あって・・・
> もう落ち着いたので大丈夫ですけど^^
お久しぶりです。
天候もさることながら、色々ありますよね。
無理はしないでくださいね。

> 。。。わかります!
> 私も今まで、薬漬け状態でした!
> 何かって言うとすぐに薬。。。
> 風邪・頭痛・咳・腰の痛み・インフルetc
> 何でも薬~薬~~の生活ですからねぇ。。。
わかりますぅ~~~~。(嬉)
私の場合、一度病気になると、症状がかなり人よりよろしくなく・・・、特に日本でOL時会社勤めをしている時は、咳・微熱→病院→点滴・薬で、安心感、どうせ保険が利くし、税金きちんと払っているからねぇ、使わなきゃソンソン~~~という考えがあり、いつの間にか薬・ユ○ケ○好きの私になり、ちょっとのことでも薬を飲まないと落ち着かない・・・変な体質になっちゃって、このざまになりました。

> 自然治癒、一番いいですよね!
> 大きな病の時は仕方無いですけど、
> 私も薬で治すの控えようかな???
正直、現地人が一般に利用する薬がまったく効かない体になっていたのを知ったときは、かなりショックでした。
”病院行って、薬の処方箋もらって薬を飲んでも、効かなければ意味ないじゃん!!”と思い、電子辞書に入っていた家庭の医学、看護婦の友達から見た、誰にでもわかる家庭の医学的な本を教えてもらい、アマゾンで購入したり、Parisに行ったときに、ブックオフで立ち読みして選んで購入し私なりに勉強しました。

私個人では自然治療はお勧めしますけど、結構荒修行みないなものですから・・・色々調べ納得してから行うことをお勧めします。決して無理はしないでください。
後、一番病気の原因を作るのは心の病とストレスだと思います。
ストレス回避する方法、溜め込まないでくださいね。

> 人間の身体って、自分が心配する程弱くないんですよね~
そう、そう。
・・・確かに数日前のブログを読み返し、文章的に大げさかもしれませんでしたが、でもこれは当時本当に思った事、経験した症状を素直に書きました。
偽りを書くと、いざ同じ症状を持った病気と遭遇したときに、あっ、この症状!!と、自分でピンっとくるから。

> 。。。花はすぐに病院に行っちゃいますがネ^^
> (口が聞けないから仕方ないですよねぇ・・・)
・・・私も同感です。
口が聞けたら・・・嬉しい分、怖い面もありますがf(^^;
大切な仲間ですので・・・おっ、親ばか??
miamiya#q8Z0istI│URL│posted at 2011-02-06(Sun)13:12│編集

●No title

こんにちは
大分体調が良くなってきた様子で一安心ですね
私も長く病院の医療事務課に勤めていたので
日本の保険事情はわかりますが
やはり具合が悪くなったら素人療法で売薬を飲み続けるのはあまり良くないのでは・・と思います
早めに病院に掛かったほうが体のためにも良い場合が多いですね
海外の医療事情は知らないのでなんとも言えませんが
日本のように掛かりつけの開業医があって相談できるのは安心だと思うのですが
そちらでは薬剤師のほうが相談できるのですか?

>私、咳しているのに・・・私には関係ないと軽く無視・・・まぁ、いいんだけどね
まあ日本でも大病院に行くと専門外のことには無関心の医者も多いです
私も大学病院で若い医者にあきれ返った事がありますよ
えっちゃん#-│URL│posted at 2011-02-10(Thu)07:22│編集

●えっちゃんさん コメントありがとうございます。

えっちゃんさんへ

> こんにちは
> 大分体調が良くなってきた様子で一安心ですね
ありがとうございます、本当に心配をおかけしました。。。

> 私も長く病院の医療事務課に勤めていたので
> 日本の保険事情はわかりますが
> やはり具合が悪くなったら素人療法で売薬を飲み続けるのはあまり良くないのでは・・と思います
確かに・・・そういう考えもあるかと思います。
日本の一般薬局で購入できる薬は、取扱説明書は勿論、ネット上でもいろいろ調べていますし、医療に詳しい方一時帰国の際に、近所の薬局(漢方薬を扱っている)の方に、いろいろアドバイスと、市販でよく効く薬(特にインフル)を教えてもらい、買い込みました。
実際、プロのアドバイスだけあって、効果は良好でした。

外国の場合、薬剤師さんも薬のアドバイスは的確のように感じます。
でも、私は外国に住んだ当初、本当に薬が効かなかった。。。周りの人には効果は抜群に効いているのに・・・。
そういう現状と遭遇し、短期滞在だったら”効かないよ”で、そこまで深刻には考えないでしょう。
私は移民です。生半端な覚悟で、外国に住んでいません。
日本の薬に頼り、もし、薬が手に入らなくなったら・・・その恐怖、大病をしここの医療機関にお世話になる際、出される薬すべて効かなかったら・・・不安がつのりました。
改善する対策としていろいろ考えました。

日本に住んでいる時、一度国際的に活躍していたメイクアーティストから忠告されてた事を思い出したのです。
・・・医療機関ばかり頼って、薬ばっかり飲んでいると、本当に体がぼろぼろになるよ。
体の中を健康にする方法を考えないといけないんじゃない?そうしたら、肌だって常に、若々しく保てるしね。。。って。
そして、周りからも同じことを言われました。
日本では、さほど深刻に考えなかったことが、一歩は慣れるとこれは深刻な問題と痛感。。。

> 早めに病院に掛かったほうが体のためにも良い場合が多いですね
そうですよね。
でも院内感染という問題もありますしね・・・完璧は求めれれませんよね。

> 海外の医療事情は知らないのでなんとも言えませんが
> 日本のように掛かりつけの開業医があって相談できるのは安心だと思うのですが
> そちらでは薬剤師のほうが相談できるのですか?
確かに、医療機関に頼ると、その報酬分、病気の進行も抑えられ、早いかもしれませんね。
でもね・・・これは私の考えなのですが、一昔前を思い出してください。
母や、祖母が病気になると、”この風邪だったら生姜湯飲んだら治るよ”とか、”これを巻いて寝たら楽になるよ”とか・・・そういう知恵袋で病気が治った事ありませんか?
今は、正直どんなウィルスが巻き散らかり、どんな病気に変化するかわかりません。

でも、私自身、今後やってくる未来の為に、そういう知識や機敏な対応ができるようになりたいのです。
そのためには、時に不憫な生活をしてみて、あるもので対応できる感覚や知恵をつけないといけないのではないでしょうか?
何でも頼りすぎると、いざというときに本当に対応ができなくなると思います。
一番困るのは自分ですし、守るものを守れなくなる・・・そう、私が恐れている、未来が近くなっているから。

・・・ちなみに前住んでいた国は、薬剤師に聞く医者が多いでした。←TVで話題になっていた。
ここはどうだろう?
医学的にかなり進んでいるし、私の住んでいる所は、有名な医大もありますし。。。調査中です。

> >私、咳しているのに・・・私には関係ないと軽く無視・・・まぁ、いいんだけどね
> まあ日本でも大病院に行くと専門外のことには無関心の医者も多いです
> 私も大学病院で若い医者にあきれ返った事がありますよ
あははっ、やっぱりどこにもそういう医療関係の方がいますよね。
本当に周りに気を配り、できる医者に負担が来るんですよね。。。

ここではそのような話を聞きませんが、不景気で病院も患者に対し、医療保険をたくさんもらおうと、関係ない治療、長期入院、検査をさせ、恐ろしい請求をされた友達もいました。

マイケル・ムーア氏のムービーじゃないけど、これが医療機関なんですよね。。。
miamiya#q8Z0istI│URL│posted at 2011-02-10(Thu)10:11│編集

●No title

miamiyaサン。こんにちわぁ。
その後体の調子はどうですか???

私は小さい頃から体が弱く。
命を落としそうになったことも数回・・・。
なので少しでも何かあると病院~。
そんな幼少期でした。

喘息もあったのでスイミングに無理矢理通わされ。
毎回大泣きの日々でしたが
おかげさまで随分丈夫に。
それでもスイミングのイントラの時は有給は全部病欠で使いました。(泣)

ひなが生まれて生活が朝方になり。
すごく丈夫になりました。
先日9度くらいの熱が出たのも数年ぶりなほど。
朝起きて夜寝ることの重要さもやっと分かった気がします。

子供を育ててて思うのですが
熱はその子その子によって同じ9度でも重症度が全く違うし。
いっちゃんのように熱は8度くらいでも。
下痢と嘔吐が続くと月齢的に命にかかわるな。とか。

燕蔵は熱には強いけど咳が出たら肺炎を気をつけないととか。
ひなはカナリ丈夫だけど
熱が出ると水分も取れなくなるなどなど。
その子その子の特徴を考慮して看病しなくてはなぁーって思います。

年末年始燕蔵といっちゃんがRSにかかり。
酷いと呼吸もできなくなることがあるらしく・・・。
燕蔵も自宅で診ていて酸素があまり吸えていないときがあったのも
気のせいではなかったんだぁ~って。

完治してからその話を聞いたので
改めて怖いなぁと思ったのですが
燕蔵はよく自宅で診たなぁ。って今でも思うし。
いっちゃんは同じ病気だったので入院できて安心だったけど
24時間の点滴はちょっと疑問を持ちました。

日本で出産や子育てができることは
よかったなぁ。って思うけど。
先々の事を考えたらとっても不安です。。。

私も今は授乳中という事もあり
飲まないと居られない状況のときには
葛根湯にお世話になっていますよぉー。^^

himekichi#k87Cp.wM│URL│posted at 2011-02-13(Sun)06:50│編集

●himekichiさん コメントありがとうございます。

himekichiさんへ

> miamiyaサン。こんにちわぁ。
> その後体の調子はどうですか???
ありがとうございます。
ほとんど大丈夫ですよ!!
でも、咳がたまに出るので、それはかなり気をつけています。。。

> 喘息もあったのでスイミングに無理矢理通わされ。
> 毎回大泣きの日々でしたが
> おかげさまで随分丈夫に。
> それでもスイミングのイントラの時は有給は全部病欠で使いました。(泣)
小さいときに運動をさせるといいとききますが・・・本当だと思います。
お母様も、嫌がる娘をスイミングスクールへ行かせる、辛かったかと思いますが、今現在元気に育ち、こうして3人の子供に恵まれて・・・。

私の場合、健康優良児だったのですが、社会人に入ってから病気がちになりました。
病気をして、有給を使うとなると・・・すごい顰蹙や、有給はあって無い物なので、もう必死で症状を抑えていました。
それが、負担となり、薬づけ。。。
そのときの私は、本当に仕事人間でかなり無理もしていたように感じます。。。
私はまだいいほうかもしれません、私の知り合いは、過労と仕事のストレスで子供が産めない体になりました。

> ひなが生まれて生活が朝方になり。
> すごく丈夫になりました。
> 先日9度くらいの熱が出たのも数年ぶりなほど。
> 朝起きて夜寝ることの重要さもやっと分かった気がします。
規則正しい生活は大切ですよね。。。うっ、いたたたた・・・。

> 年末年始燕蔵といっちゃんがRSにかかり。
> 酷いと呼吸もできなくなることがあるらしく・・・。
> 燕蔵も自宅で診ていて酸素があまり吸えていないときがあったのも
> 気のせいではなかったんだぁ~って。
>
> 完治してからその話を聞いたので
> 改めて怖いなぁと思ったのですが
> 燕蔵はよく自宅で診たなぁ。って今でも思うし。
> いっちゃんは同じ病気だったので入院できて安心だったけど
> 24時間の点滴はちょっと疑問を持ちました。
私は、幼少は、やはり医療機関に頼るのが先決だと思います。
未知の世界ですし、やはり1つのミスで命を落とす可能性もあります。
私も、絶対信頼できる医療機関を見つけ、そこにお世話になると思います。

ウン年前は、そこまで複雑な病気がなかったと思います。
でも、今は、ウィルスが進化し、とんでもないウィルスが増え、新たな病気が増えています。
特に抵抗力の弱い子供は、親の早い判断が必要ですよね。

本当、子供を育てる方はすごいと思います。。。

> 日本で出産や子育てができることは
> よかったなぁ。って思うけど。
> 先々の事を考えたらとっても不安です。。。


私の場合は、やはりある程度歳もとっていますし、何でも医療関係に頼るのも。。。と考えるのです。
それは、ブログでも書いていますが、過去の経験と今後私が想像している以上に厳しい時代が来ると思っているし、どんな環境でも対応できる機転をきかせる特訓(?)をしないと、誰が助けてくれる、誰が守る??なんて思うのよね。

前住んでた国での経験が体で覚えているから・・・こんな考えになったかもしれないです。

> 私も今は授乳中という事もあり
> 飲まないと居られない状況のときには
> 葛根湯にお世話になっていますよぉー。^^
私は、風の引き始めは葛根湯と、後藤散風邪薬♪のお世話になっています。
のどの痛さは、地元のチョコレートシロップを飲んでます。

自分の医学って言ったら言葉がおかしいけど、一番自分の体が自分のことをわかっていると思います。
自分にあった、健康管理が必要ですよね♪
私も、まだまだです。
今年は・・・野菜を育てるんだ!!
miamiya#-│URL│posted at 2011-02-15(Tue)23:36│編集

トラックバックURL・リンクURL

* TB用のURLとテキストリンク用のタグです。必要に応じてお使いください。
* ブログの環境設定によりTBは一旦承認してからの表示になります。
* 関連性が低いものなどは、管理人の判断で公開を控える場合があります。

トラックバックURL

リンクタグ

トラックバック♪

プロフィール

miamiya

Author:miamiya
2010年3月、フランダース地方に猫とその仲間たちと一緒に南国から引っ越してきました。
ついたばかりで気候になれませんが・・・リスやキツツキ、野鳥に囲まれながらひっそり生活しております。

みんなでつぶやきましょ

openclose

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Comments ありがとうございます。

openclose

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

健康BMI

くろックCute BC01

あたちも入れてもらったわよ

雇ってほしかったら 高くつくわよぉ!! えつこよ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

翻訳Leggero

Google自動翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

訪問者もいろいろ♪

free counters

 copyright © 2005-2006 フランダースの猫 All Rights Reserved.
 Template Desain by bluenight.  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。