フランダースの猫-引越し・前の生活との比較-

フランダースの猫

フランダース地方に住む飼い猫、Pero。…実は移民猫なのであります。Peroにとって沢山のおいしそうなお友達に囲まれて ここでの生活はもちろん、趣味の事など書かせていただきます。        

HOME≫カテゴリー:引越し・前の生活との比較
 
スポンサー広告│posted at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆2011.03.01(火)◆
スレッド:海外生活  ジャンル:日記
カレンダーをめくると、今日から3月。。。
3月1日、そう1年前のこの日、仕事用の機材、PC・・・など、つめるだけつめて、しまちゃんたち、ちゅんたち、そしてPeroを乗せてグレイジー大国を
バイバイ
さよならした日。

いろいろあったな。。。

今思えば、よくあんなところに住めたな。。。
と、今は過去の話になりましたが、あの時の私は、頭がおかしくならないように・・・出ると決まった数ヶ月間とにかくこの国から出ることしか考えていませんでした。

私が住みだした当初、本当に環境もよく、人間は?ですが、自然も豊かで本当に住み心地がよい国でした。
が!!、海底油田が取れることを知ると、海外投資が増え、汚職もさらにひどくなり、だんだん人も豊かになり、数年後・・・私が住みだした時と比較したらかなり変わりました。

そろそろ引っ越そうか・・・
と、二人で話しをしていたころある出来事が始まる1~2年前ごろから言っていました。
けど、なんだかんだ言いながらも自然が好きだったからあそこに住み続けていたのでしょうね。

ある出来事・・・そう、リーマンショック後ですね。拍車をかけて変わったのは。。。
リーマンショック
私の近所に住んでいた、某銀行のかなぁ~~~り上の方が、ここを去りました。
それからです、周りの親しかった外国人が一斉にこの国を去り、その後あの暴動。。。

もうそこに住むことに、私たちに限界が来ていました。
置いてけぼりされた私の気のあせり、早くこの国を出たいのに、天候が目茶目茶なのと、何かのサポートがあり、出発予定を立てても毎回流れだんだんあきらめと、一生ここにいなければならないの?という不安。そして、体があちらこちらで激痛がはしり、私の知り合いは、痛さのあまり毎日注射を打っていました。
その姿を見て、私もやがてこうなるのだろうか・・・と、怖くもなりました。
日々この国の状況が変わり失業者が増える中、メイン通りは勿論あちらこちらのショップは、店のシャッターが下り、ゴーストタウンになっているところも少なくなく、毎日のようにあちらこちらで暴動やストライキがありまるで戦場にいるような感じです。
ゴミ回収を2ヶ月以上(しかも真夏)しなかったのにはかなり参ったけど。。。
広い荒地のPero

周りの人間も変わりました。・・・住んでいてわからない人もいましたが。
人間がおかしいのはもともとなのですが、以前に比べ金が無い状況がパワーUPして毎日、あちらこちらでわめき声や、何か小さいことに対しいちゃもんつけて喧嘩したり、ドライブしてても、急な割り込みや、わざとぶつけるような行動、イカレタカーレースを煽ったり、路上を歩くのも怖かった。
銀行へ行けば、金利が払えなく差し押さえにされそうになった方が泣きながらわめき(所得以上の生活をしてるやつ等なので自業自得だと思うが・・・)、そして泥棒は勿論、特にセンターに車を止める時、人が見えるところに小銭を置いたら、窓ガラスを割られたという話もよく聞いた。
治安の悪いところは、堂々とドラック売買は勿論、薬におぼれ殴りあいもしばしば、そして、路上に血痕もよくついていた。

テレビのニュースとは違う、そう、それが現実なのです。
私が住みだした時とは、別世界です。
旅行と滞在はぜんぜん違います。
国の経済破綻寸前って、本当に怖いですよ。

たまに、ふとしたときにこのまますんでいたらどうなっていたかな・・・と考えることがあります。
ケチョンケチョンに書いていますが、一番心が癒されたのはここの自然でした。
歩いて10分しないところに大きなヨットハーバーがあり、海を眺めてぼ~~~っとする。
日本にいる仲間を思い出しながら。。。

そこでの経験がないと、生きるための知恵、自分もしていた人種差別、歴史問題、何も解決はしなかったと思います。
私の中の小さな社会ですが、ひとつひとつの壁、そして自分が真正面で付き合わないと、人は心を開かないし教育から生まれてきた誤解が解けない・・・私は身をもって知った場所。
自分たちがやってきたことには絶対無駄はないから。。。

数名のジャーナリストとも知り合い、
某報道テレビの撮影
真実ってなに?
彼らの命をかけて追い求める姿を見てきたからでしょうか?
いや、彼らの行動に対し命をけて真実と向き合い、そしてこの腐った世の中を改善しようと言う純粋な瞳を見て、私の考え方が変わりました。

えらそうなことを書いていますが、ここまで悟るのに何年も時間がかかりました。
だから今こうやってブログをしているのだと思います。
リーマンショック後に住んでいる人はわからないかもしれませんが、以前のあの国を知っている人だったら、かなりつらいと思います。
だからあえて前住んでいた国の名前は書きません。
でも、私が経験した事実は書かせてください。
そうしないと、今後そのような経済危機を迎える国は増えてくると思います。
でも、私が経験したことを誰かが見て、少しでも役に立つことがあったらこの記事を書いたかいがあります。

国を変えても相変わらず前途多難な日々は続いています。
あの経験があったから、私たちはまた新たな挑戦者として挑むのでしょうね。。。

でもね、未だに
miamiyaはどうしている?
たまには顔を見せてね。


と、前住んでいた国の友達の便りで知り合いがよく私に対して口にしてくれること。
ありがたいです。

ありがとう、クレイジー大国。もう戻りたくないけど。。。
ありがとう、外国人同士助け合った仲間。あの味、心遣い忘れないよ!!
・・・そして、ありがとう、これからもよろしく、私の隣の部屋で仕事をしている人♪

ブログランキングに参加しています。
Please, click here to support ;)

ポチッとお願いします。←Please one quick :)
       と    
読んだら押してね。←one more;)
各1回ずつ応援クィックしていただくと今後の励みとなります。
応援の方よろしくお願いします。
スポンサーサイト
◆2010.12.10(金)◆
スレッド:日記  ジャンル:日記
さてさて間が開きましたが・・・彼らが帰った翌日。
Bigイベントが待っていました。
そう、こんなに寒い日なのに念願の荷物の受け取りです!!
ちなみに、その日、日中は氷点下7度、周りはかなり雪が積もっていました。
寒さなんて気にしにない!!

我が家の目の前に荷物を持って着てほしいのですが・・・我が家の家の前の道路、プライベートロードで道が狭いんですわ。
しかも、カーナビでは住所が出てこないんですわ。。。
で、友達の勤めているショップに荷物を置いてもらうということで先日話をつけ、そして当日のお昼ごろ到着しました。
やってきたよぉ~~~
・・・大きなトラック。
うん、我が家にきてぇ~~~なんて無理ですわ。

実は・・・今回の大雪でトラックもアクシデントがあり、バッテリーが破裂し、その日は、修理で追われていたそうです。よって、1日遅れで荷物が到着しました。
本当に改めて、彼らは無事についてよかったと改めて思いました。

で、ショップの後ろへトラックを移動し、サイドが開きます。
びっくりしたのですが、トラックの軽量の関係上、運搬用のヨーロッパのトラックはサイドが頑丈なビニールカバーなんですね。
もしかして・・・

・・・もしかして、これ全部が我が家の荷物??
見ただけで、うんざり。。。

これどうやっておろすの??

おっ、懐かしい顔が!!
今回の一番の悩みがこれだったの。
このバイク+トレーラーをどうやって下ろすか。
前回は、男手が多かったのですが、今回は男3人女1人。

さすが!!
で、トラックのオーナーがこんな感じで頑丈なロープを使い、下に下ろしました。
トレーラーも何とか無事に下ろし、即盗まれないように、ショップの倉庫に置かせてもらいます。

それから、1人は仕事に戻り、3人で荷物を運びます。
ありがとぉ~~~○カプ○○♪←後日、このブログにて紹介します
で、それから2時間ぐらいかな荷物を黙々と降ろします。
以上、荷物の受け取り終了
で、降ろした荷物がこれ。
それから、キャンパーに荷物を積み、家へ運びおろしてまたショップへ・・・それを2往復繰り返します。
荷物を無事全部運び終えたころには・・・
雪が・・・

ゲッ、また雪っこだ。。。
慌てて、食事を作り食べさせ今回の助手、ぱとらっちゅを駅まで送り届けました。

ぱとらっちゅ、お疲れ様~~~~。
戻ってきた当初は、恐ろしい旅行記を聞かされ、もう二度とこんなことするものか!!と言っていましたが。。。
帰る車の中で、
:また、今回のようなことがあったらいつでも言ってね。
  いつでも来るよ~~~~っ

おい待て
一晩寝たら考えが変わる。。。さすが、ぱとらっちゅ。
確かに、久しぶりの刺激的な出来事だったものね。
たぶん、今思えば彼の人生の中で一番面白い(?)出来事だったに違いありません。
今回の出来事は、本を書けばきっと売れるよ。
ちなみにその後・・・そうとう気が張っていたのか、1週間動けない状態だったそうです。

それにしても・・・ほっ、やれやれ・・・。
荷物がすべて我が家に着いたとき、大きなバイクを運び下ろすために使う鉄板を1つ盗まれましたが・・・まぁ、無事に届きました。
現在、この荷物の整理に追われています。
でもね、この荷物・・・実は3分の1の量なの。
後の残り・・・どうしましょ。

記事の更新や、コメント返しが遅くてすいません。
実は・・・、気が張りすぎていたからか先日から体が痙攣を起こしてしまいました・・・ハハハハハッ←笑い事じゃないのですけど。
+微熱と、口内炎でなるべく体を負担させないようにしております。
時間が空いたときにメールの返事やブログへ遊びにいきますね。

ブログランキングに参加しています。
Please, click here to support ;)
ポチッとお願いします。←Please one quick :)
       と    
読んだら押してね。←one more;)
各1回ずつ応援クィックしていただくと今後の励みとなります。
応援の方よろしくお願いします。
◆2010.11.20(土)◆
スレッド:イタリア  ジャンル:海外情報
以前記事(いっ、いやずぅ~~~っと前)少し触れましたが・・・
引越しという大移動の際、人間と我が家の可愛い子供たちの移動の際は、車移動をしました。
その際に利用したのが、フェリーです。
今までヨーロッパ圏内の長距離フェリーに今回をあわせて2回乗りましたが・・・本当についていない。
何度か命を落とすのでは・・・と言う恐怖を味わってきましたが、その中のひとつを記しておこうと思います。
・・・多分、ギャグに受け取られるかと思いますが、事実です。
こんな体験もう3度も起こしたくないわい!!

我が家のノアの箱舟を購入したときの話。。。
チケット購入時間が3分遅れただけで購入ができなく、しぶしぶ翌日乗る羽目になったフェリー。
ここ○○リア...そう、泥棒大国!!
・・・その時、泥棒にもあったので、まったくイタリアの良い思いではありません。どちらかといったら苦手な国。
その時、その数分後同じ目にあった初のキャンパー旅行をするドイツ人親子とお友達になり、お隣寄り添って一夜過ごしました。
話を聞くに、彼らもその友達も○○リアで泥棒にあっており、自宅からここまでノーストップでここまで来たそうな・・・話が意気投合♪
深夜まで、盛り上がりました。

で、朝チケットを購入し、バイクに乗った兄ちゃんが
:フェリー乗り場を教えてあげる
と、まぁ親切に数メートルのところを案内したてくれたのはいいけど・・・案内が終わった後。
:案内料金5ユーロ
と、ばかげたことを言い出した。
むかつくぅ~~~~~~~~~~~~~っ。
1ユーロしか払わなかったけど。

私たちが乗るフェリー、かなり古かったのよね。
でも、文句は言えない。。。
もう、早くおうちに帰りたい、クレイジー大国だけどその当時はまだ治安がよかったので早く帰りたいという気持ちが強かったわぁ。。。
まぁ、みんなで記念写真を撮ったり、楽しんでいたわけさぁ。。。
で、1箇所の停泊地に数分とまり、出発し予定では後1~2時間でつくとウホウホしていたら・・・陸の近くでエンジンが止まりました。
しかも!座礁しかけて観客は大パニック!!
カウンターで質問しようと思ったら・・・いっせいに、関係者は居なくなり、客は大パニック。
ギャーギャーわめき声と、客室案内のカウンターには人はいないし、説明のアナウンスもない。

そう、気分は
ペンタニック
・・・こんなに余裕はなかったけど4~5時間、その近辺を波間かせでさまよい、何とかエンジンがかかり、やっとのおもいで予定地につきました。
一斉に、車でみんな我先にとフェリーから降りました。
もう、戦場みたいで本当命からがらのフェリー移動でした。

最後のアナウンス:(言い訳たらたら・・・)快適な海の旅をまた当社のフェリーで・・・
周りの人々:誰が、お前の会社を使うかい!!

まぁ・・・映画のような本当の話が、こんなことがあったわけよ。
また同じ事が起こるなんて思ってもいなかったわ。。。

ブログランキングに参加しています。
Please, click here to support ;)
ぽちっとお願いね。←Please one quick :)
       と    
読んだら押してね。←one more;)

各1回ずつ応援クィックしていただくと今後の励みとなります。
応援の方よろしくお願いします。

さぁ、ぽめっこ押してくれたかしら??
続きをどうぞ
◆2010.10.17(日)◆
スレッド:音楽のある生活  ジャンル:音楽
この言葉、意味わかるかしら?
これは、イギリス圏の黒人が使う挨拶用語。
・・・すなわち、スラング語。

前住んでいた黒人は、こんな挨拶から始まったっけ。
しかも体でリズムを刻みながら、面白おかしく話していたのを思い出します。

が!!
ここに住んでいる黒人はどうも、陰湿というか話しかけないでくれオーラがあります。
絶対、”Yo blows”なんて挨拶はしてくれないわぁ。
住むところによって変わるのね。。。

最初聞いたとき、???でした。
何、風吹いてないし・・・と、ボケ突っ込みをしていました。

いろいろな人種と付き合うと、その人種の共通の言葉など、本に書いていない言葉が多く、戸惑ったりもしますが、たまに、以前住んでいた友達の挨拶が懐かしく思います。

彼らもこの挨拶をしてくれるかしら?





Jason Derulo - Whatcha Say
envoyé par bigtasty. - Clip, interview et concert.

アメリカソングだから違うか。(^^)

ちょっと予断ですが・・・。
以前、友達と70~80'の曲がメインの面白いクラブを紹介してもらい、一緒に行ったのですが、

この曲が流れると、みんな一緒にこのPVどおりに踊るの。
・・・私も一緒に踊ったけど。f(^^;

日本も同じだったけど、世界中にダンスも音楽もブームを起こした曲。
最近暗いニュースが多いですが、楽しいみんなで踊れる曲がヒットしたらな。。。
な~~~んて、懐かしんでPVを見ているのでした。

そういえば、ここのクラブまだ行った事ないわぁ。
ここは、北ヨーロッパでもナイトライフが有名な地。
そっ、そういえば、夏海岸のとあるリゾート地で、若者
・・・ちょっと怪しい若者のコーナー

VS

孫と一緒にシニアコーナー
シニアのクラブが隣同士にあり、流している曲が対照的で面白かったわ。。。

私の場合、夏の海=ビーチのクラブが多い土地に住んでいたからか、こういう光景はすごく普通なの。
日本では考えられないでしょ?
カルチャーの違いもあると思いますが、音楽が流れないところを希望するのなら、プライベートビーチやほかのところで探したら?って感じ。

そこで、DJのセンスが問われるわけ。
もし、人気の高いDJは必ず、有名な夏のバカンス地に引っ張りだこ。
夏は楽しいわねぇ。。。

急に寒くなった、ベルギー。
先ほど外の温度計を見たら、5度。。。
急の寒さだと、体が対応してくれないから困るわ。

日本もきっと、がく~~~んと急に寒くなると思います。
くれぐれも体調管理には気をつけましょうね。

ブログランキングに参加しています。
Please, click here to support ;)

ポチッとお願いね←Please one quick :)
       と    
読んだら押してね。←one more;)

各1回ずつ応援クィックしていただくと今後の励みとなります。
応援の方よろしくお願いします。
◆2010.09.13(月)◆
スレッド:美味しかった♪  ジャンル:グルメ
日本に住んでいるときは、食べ歩きが大好きだった私。
勿論、料理も好き。
料理教室で
料理教室に行ったり、本見て作ったり。。。

でも、外国に住んでからは全くと言っていいほど食べ歩きはしなくなりました。
多分、昔の私を知っている人はかなり驚くかも。。。
前住んでいたところは、初めてレストランに行って現地の食事をしたときに少し食べただけで胃もたれパンシロンのお世話になりっぱなし…
これは胃もたれさほどしないんだけどね。。。
高いご飯を食べても満足をしなくなり・・・、不機嫌になるのもそうですが、だんだん恐怖になってきました。

外国に住みだした当初私は和食党でして、ほとんど和食しか作れませんでした。
でも外国に住むと、ほとんど日本の調味料や材料がなく、又当時日本食の材料がほとんど売ってなくてすごく困り、当時はネットなんてなくて、料理本を読んでもない材料ばかり。。。
毎日の料理がすごく悩みでストレスを抱えていました。
それを哀れんだ、旅人(?)カナダ人にいろいろな土地の料理を教えてもらい、又、彼がローマのマンマミーヤから教えてもらったパスタ、船乗りで超グルメのイタリア人に料理、
韓国料理
そして韓国人の友達に料理を教えてもらいました。

ないものは工夫する。

確かに現地の材料のほうがはるかに料理はおいしいです。
ないならないで工夫しなきゃ。。。
前住んでいた所は、現地の人が作るとまずくなるのが多く、移民の人が料理をすると素材が生かされおいしいです。
アフリカン料理
確かに・・・前住んでいた私の周りの移民の方は、料理がすごくうまかったです。
多分ね、あまりにも彼らとの食生活が合わないから、母国の味をそのまま生かし、そこの国にある材料でまかなっていたのですよね。
私自身、ここの野菜や果物は安いしすごく気に入っていたので、何でも作っていました。

ご飯なんて、タイ米で私の口には余りあわなくて、ほとんどパスタが主食の日々もありました。
でも、何とか慣れてくるもの。。。今となっては懐かしい話。
ご飯は2週間に1回でOKだし、お店のパンはあまり好きじゃないので、主食をパスタやジャガイモ、麺が多いでした。
そして、ヘルシー料理という形で、同じマンションの住民とか友達に料理を教えたりしてました。

そしてたまにの贅沢、移民のテイクアウト。
正直、スーパー危険地帯に現地の食事より移民食が安くておいしいお店があり、私のお気に入り
イラク料理

イラク料理や

パキスタン料理

パキスタン料理・・・すごくおいしいでした。
ほとんどが同系色の人が来るレストランなのですが、アジア人(しかも日本人)がくると、すごく喜んでくれて普通の人より倍の量入れてくれたり。。。あぁ、懐かしいです。

ちなみに・・・そこでの日本料理店で食事は1度だけ行きましたが、もう2度と行きませんでした!!
なぜならば量もひどいし、インスタントを使ってて、かなりオイリーでまずいのにべらぼうに高い。。。中指を立てたくなる店です。中国人経営だってそこまで酷い形で料理は出しません!!だから、2ちゃんであれだけたたかれているのよね。。。そんな店普通ないよ!!
だから、韓国レストランで食事をする方が多かったです。


私は、逆にあの環境にいたから、感性が以前よりよくなってきたのかな?と思います。

ここに住んでからも、本当に外食はしません。(大泣)
外食をする場合は、
フリッツとから揚げこのから揚げはうまいよ
フリッツや豆腐が食べたいときに中華料理のテイクアウトぐらいかな・・・。
ここは美食の国だし、本当は食べ歩きをしたいのですが・・・外食自体彼が嫌いなんです。
食べ歩きに付き合ってくれる友達がほしいわぁ。。。

びっくりしたのが、同じタイ料理でも前住んでいた国とここの味はぜんぜん違います。
他の国だと、その国に味が染まり、テイストがその国になっています。
前住んでいたところのほうが、地元の味を守っています。

今住んでいる日本料理のレストラン。。。
ベルギー在住の皆様のブログを拝見するたびに、すごいおいしそう♪
ぜひ行ってみたいです。
あっそういえば、ラーメン食べたや!!
めちゃおいしかったわぁ。

私の楽しみにしているひとつです。(^^)

でも、最近になってやはり創意工夫いたあのころが懐かしく思い、お店のケーキを購入する回数やパンを買うのを減らして行き、前みたいなスタイルに戻そうかな・・・と考える次第です。
・・・実は、前の生活の反動で、お菓子やパンを全く作らなくなったの・・・えへっ
相変わらずお客様が来る回数も多いし・・・腕が鈍るのも理由のひとつではありますが、やはりもしも・・・ということを考えないと、どういう境遇になっても敏速な対処ができるようになる。
そして何よりも、おいしく食べてくれるとすごくうれしいんですよね。。。

今度は違う課題、一番苦手な盛り付け、そして40分以内で料理を作り上げるよう努力しなくちゃ。。。
先日パンを作ってそう思うしだいでした。。。

ブログランキングに参加しています。
Please, click here to support ;)

ぽちっとお願いします。←Please one quick :)
       と    
読んだら押してね。←one more;)

各1回ずつ応援クィックしていただくと今後の励みとなります。
応援の方よろしくお願いします。

プロフィール

miamiya

Author:miamiya
2010年3月、フランダース地方に猫とその仲間たちと一緒に南国から引っ越してきました。
ついたばかりで気候になれませんが・・・リスやキツツキ、野鳥に囲まれながらひっそり生活しております。

みんなでつぶやきましょ

openclose

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

Comments ありがとうございます。

openclose

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

健康BMI

くろックCute BC01

あたちも入れてもらったわよ

雇ってほしかったら 高くつくわよぉ!! えつこよ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

翻訳Leggero

Google自動翻訳

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

訪問者もいろいろ♪

free counters

 copyright © 2005-2006 フランダースの猫 All Rights Reserved.
 Template Desain by bluenight.  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。